詳細を見る

なぜ今日の暗号資産は上昇したのか?

5 mins

ヘッドライン

  • 時価総額は回復が遅れ、現在2兆5000億ドルの大台を下回っている。
  • ビットコインの価格も横ばい傾向にあり、70,000ドルへの上昇が遅れる可能性がある。
  • DOGというティッカーが付いた新しいミームコインは、過去24時間で21%上昇した。
  • promo

時価総額(TOTAL)とビットコイン(BTC)は現在、ともに横ばいで推移しており、マクロ金融情勢が好転すれば上昇する可能性が高い。しかし、この強気を享受しているのはDOG GO TO THE MOON (DOG)で、この日は21%の上昇を記録した。

今日のニュース

  • マイクロストラテジーの創業者、マイケル・セイラー氏がコロンビア特別区(DC)と脱税事件で和解。セイラー氏は数百万ドルの所得に対する租税回避で訴えられ、コロンビア特別区に4000万ドルを支払うことで和解した。
  • ドイツ銀行は、Bitpanda と協力して、オーストリアの暗号資産取引所の顧客の入出金を処理することになった。ドイツ銀行は、ドイツの Bitpanda ユーザーに、現地の銀行口座番号を提供する。

時価総額が減少

暗号資産時価総額は、2兆5,000億ドルのレジスタンスを上抜けし、サポートに転換するのに苦戦している。TOTALは今後、市場全体で強気が高まる中、横ばいの動きを続けるだろう。

2兆5,000億ドルの重要なサポートを取り戻すには、これを維持することが必要であり、暗号資産時価総額が再び2兆6,100億ドルの2ヶ月ぶりの高値をつけることを可能にする。

関連記事:イーサリアムのマイニングに参加する方法

時価総額分析。
時価総額分析|出典:トレーディングビュー

しかし、違反が失敗した場合、TOTALは横這いを続けるか、2兆3900億ドルの安値まで下落することになり、投資家の楽観的な見方を大きく傷つけることになる。

ビットコインの価格は新しいATHの前に待たなければならないかもしれない

ビットコインは現在6万8,818ドルで取引されており、世界最大の暗号資産が7万3,650ドルまで上昇するには、しばらく待たなければならないようだ。この価格は現在の史上最高値であり、この価格まで戻るには、BTCはまず7万1,800ドルの抵抗をサポートに変える必要がある。

これは日足タイムフレームでは時間がかかる可能性があるが、マクロタイムフレームでは実現する可能性が高い。なぜなら、ビットコインの価格は2月以来続いている強気のフラッグパターンで動いているからだ。

関連記事:半減期〜2025年がビットコイン購入のチャンスの理由

ビットコイン価格分析。
ビットコイン価格分析|トレーディングビュー

しかし、71,800ドルが突破されるまで、BTCは中立的な弱気から中立的な強気のサインを示し続ける可能性が高い。

DOGがアルトコインをリード

ミームコインに関する熱狂は収まっていないようだ。新しいミームトークンであるDOG GO TO THE MOONは、過去24時間で最もパフォーマンスの良いアルトコインとなった。DOGは0.0074ドルから0.0091ドルに上昇し、1日で21%の上昇を記録した。

これは、ミームコインが70%の上昇を記録したように、過去1週間のDOGの全体的な成長に追加された。これはDOGを市場で最大のミームコインにするものではないが、トップ5のミームトークンとなる最有力候補の一つである。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

DOG価格分析。
DOGの価格分析|トレーディングビュー

このまま上昇が続けば0.0100ドルの可能性は高いが、いずれ強気は一服するだろう。その結果、利益確定売りが出て、価格が0.0080ドル以下まで下落する可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー