詳細を見る

AppleがVRヘッドセット発表、メタバース・トークン高騰か

5 mins
記事 Martin Young

ヘッドライン

  • アップルのVRヘッドセットが今年後半に発売予定。
  • Appleは同社のエコシステム外のものとの相互作用を許可する可能性は低い。
  • 仮想世界に再びブームが起きれば、メタバース・トークンは急回復する可能性がある。
  • promo

テック界の巨人、Appleが、VRヘッドセットの詳細を発表した。競合他社に対抗するための野心的な機能が満載だが、これでメタバース関連のデジタル資産を完全に復活させることができるだろうか。

Bloombergは1月24日、Appleは待望の複合現実型ヘッドセットの大規模なプレビューを掲載した。このデバイスは「Reality Pro」という名前で今年後半に発売される予定で、価格は3,000ドルという高額なものだと報じている。

Appleは、自社モバイルOSのための3D世界を作り上げる方針だ。したがって、DecentralandThe Sandbox、Somnium Spaceのような完全にオープンな仮想世界とはなりそうもない。

中核的な機能としては、既存のAppleユーザー向けに、FaceTimeを利用した高度なビデオ会議や会議室が用意される予定だという。

Apple VRハードウェアへの期待

デバイスには、手の動きを追跡できる外部カメラが多数搭載される予定で、「ガジェットの筐体内には、目の動きを読み取るためのセンサー」も搭載される予定。

報道によれば、このヘッドセットは、Appleウォッチのように「デジタルクラウン(Appleウォッチのホームボタン)を回す」ことでVRとAR(拡張現実)を切り替えられるようになるそうです。

ユーザーは、外部コントローラーを必要とせず、親指と人差し指でつまむだけでタスクを起動することができるようになるという。

Meta社のハイエンド機「Quest Pro」や、ソニーが発売予定の「PlayStation VR2」と競合することになる。2020年に発売されたMetaのQuest2ヘッドセットは、VRとメタバースのハードウェア市場で現在リーダー的な存在である。

Bloombergによると、Appleは新しいヘッドセットの初年度の販売台数を約100万台と見込んでいる。しかし、CNBCによれば、2022年のVRヘッドセットとARデバイスの世界出荷台数は12%以上減少している。

メタバース・トークンへの影響

Appleが同社のエコシステム以外のものがデバイスと相互作用することを許可する可能性は低い。したがって、非中央集権的なメタバース・トークンが直接影響を受けることはないと思われる。

しかし、ライバルのMeta、マイクロソフト、ソニーに続いてアップルがメタバース技術に進出したことで、仮想世界とその基礎となる資産が強化される可能性はある。

BeInCryptoは今月初め、メタバース分野が2030年までに5兆ドル市場規模へと成長する可能性があり、Appleはその一端に入り込みたい考えと報じている。

CoinGeckoによると、メタバース・トークンの時価総額は現在約85億ドル。これは、現在ではほぼ1兆1,000億ドルとなった暗号資産市場全体の時価総額の1%未満に過ぎない。したがって、特にその多くがピーク時の価格から80~90%下落していることを考えると、成長の余地は十分にあると言える。

CoinGeckoによる時価総額データによる上位メタバース・コイン

Axie Infinity(AXS)、DecentralandMANA)、The Sandbox(SAND)、Enjin CoinENJ)といった上位トークンは、現時点でいずれも85%以上下落している。メタバースや関連技術がブームになるとすれば、有力トークンがいち早く動き出す可能性が高い。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー