詳細を見る

【速報】 ユニスワップ(UNI)、SECからウェルズ通知を受け急落

5 mins

ユニスワップ(UNI)は、そのトークンであるUNIがSECからWells Noticeを受け取ったという報告の数分後に5%以上急落し、重大な下落に直面した。

この通知は潜在的な法的措置の前触れであり、DeFiプラットフォームが直面している監視の厳しさを浮き彫りにしている。

なぜSECはユニスワップに法的措置を警告したのか?

ユニスワップ・プロトコルの開発者であるユニスワップ・ラボは現在、規制当局の十字線を浴びている。具体的な疑惑はまだ不明だが、他のSECの行動と類似していることから、未登録の証券提供や規制違反の可能性がある。

Uniswapの創設者であるHayden Adams氏は、長年にわたる暗号資産に対するSECの攻撃的な姿勢を批判し、不満を表明した。規制上の課題にもかかわらず、アダムスはユニスワップの合法性と金融インフラへの変革的影響を肯定している。

同プラットフォームは2兆ドルを超える取引を処理しており、透明で公平な金融ソリューションに対するDeFiの可能性を示している。

「私たちが提供する商品は合法であり、私たちの仕事は歴史の正しい側にあると確信しています。しかし、SECは明確な情報に基づいたルール作りに取り組むのではなく、ユニスワップやコインベースのような長年の善良な行為者を攻撃することに集中することを決定したことは、以前から明らかでした。その一方で、FTXのような悪質業者は見逃されている」とアダムスは語った

ユニスワップ(UNI)の価格パフォーマンス
ユニスワップ(UNI)の価格パフォーマンス|出典:トレーディングビュー

SECがUniswapに焦点を当てたのは、暗号資産部門に対するより広範な規制検査の一環である。同機関の行動は、ブロックチェーンベースの資産への伝統的な証券法の適用をめぐる継続的な議論を反映している。

特にコインベースとリップルをめぐる法廷闘争は、このセクターの規制の複雑さを浮き彫りにしている。これらのケースは、SECの権限や、数十年前の法的枠組みと現代のデジタル資産との関連性に疑問を投げかけている。

法的な精査に直面しているにもかかわらず、ユニスワップの分散型かつコード主導のアプローチは、過去に司法の支持を得ている。同プラットフォームのオープンソースの性質とユーザー中心のインターフェースは、透明性とイノベーションへのコミットメントを強調している。しかし、SECとの差し迫った法廷闘争は重大なリスクをもたらし、DeFi業界にとって重大な前例となる可能性がある。

Uniswapが法的対決の準備を進める中、暗号資産コミュニティはDeFiの規制上の課題に対するより広範な影響に注意を払い続けている。この対決の結果は、分散型金融の将来と主流金融システムへの統合に影響を与える可能性が高い。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー