詳細を見る

ChatGPT創業者の暗号通貨プロジェクトが「ワールドアプリ」をローンチ

4 mins

オープンAI創業者サム・アルトマンCEOの暗号通貨プロジェクト「ワールドコイン」は8日、はノンカストディアルウォレットアプリ「ワールドアプリ」をローンチした。

同アプリは80カ国以上で提供され、コインベース・ウォレットやメタマスクなどと同様、暗号通貨を購入、販売、保管が可能だ。ワールドアプリは個人情報を必要とせず、アプリ内で共有を選択したデータはボタン一つで削除可能。ワールドIDとウォレットキーは自己管理型で、キーのバックアップをGoogleドライブやiCloudに暗号化して保存することができる。

ワールドアプリは、イーサリアムから資産を送受信でき、ベータ版は現在ポリゴン上に構築されている。正式版ではイーサリアムロールアップ上となる予定とのこと。現在、ワールドアプリはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDCDAI、ラップドビットコイン(WBTC)、ワールドコイン(WLD)のアクセスを提供している。さらにウォレットにはユニスワップが統合されており、トークンの取引も可能となっている。認証済みのワールドIDホルダーはワールドアプリ上で手数料なしで取引を行うことが可能だ。

ワールドIDは、プライバシーファーストの分散型IDプロトコル。プライバシーを保護しつつ、ウェブサイトやSNS、dapps(分散型アプリケーション)に本人確認・サインインすることを可能にする。

認証されたワールドIDを持つユーザーにとって、ワールドアプリはデジタルパスポートとして機能し、ワールドID保持者専用のアプリやサービスへのアクセスを許可する。さらに米国を除く対象国では、毎月、Worldcoin助成金の申請が可能となっている。

アルトマンCEOの暗号通貨プロジェクト「ワールドコイン」は同氏と物理学者アレックス・ブラニア氏が2020年に設立した暗号通貨プロジェクト。世界中の全員に平等に暗号通貨を配布するというユニバーサルベーシックインカム(UBI)のビジョンで注目を集めていた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー