詳細を見る

スマートコントラクトで世界を動かすことは可能か?コンピュータはNOと言う

13 mins
記事 Josh Adams

ヘッドライン

  • イーサリアムがブロックチェーンにスマートコントラクトを導入したことで、dAppsやDeFiが登場するなど可能性が広がった。
  • しかし、スマートコントラクト至上主義者は、この技術をさらに発展させ、ほかの分野でも「仲介」を排除できると考えています。
  • 多くの場合、欠けているピースは人間ということになる。簡単に言えば、スマートコントラクトは、人間が存在する複雑な世界を理解するには「処理能力のかけらもない」技術ということになる。
  • promo

イーサリアムがブロックチェーンのエコシステムにスマートコントラクトを導入したとき、すべてが変わった。突然、信頼できない原則に基づいた金融システム全体の構築の可能性が見えてきた。そのアイデアをどこまで生かせるか?それは、誰に尋ねるかによって異なってくるのだ。

スマートコントラクトの概念は1994年、コンピュータ科学者で法学者でもあるニック・サボ氏(サトシ・ナカモトと同一人物だと言われている)によって初めて紹介された。サボ氏は、スマートコントラクトを、正しい支払額を入れると自動的に商品を出す「質素な自動販売機」に例えた。

スマートコントラクトは、ある条件を満たすと自動的に契約内容を実行するコンピュータプログラムである。契約の交渉や履行を容易にし、検証し、強制するために使用することができる。仲介者(例えば弁護士が遺言を執行するようなもの)を使わずに、コードを使って自己実行型の契約を作る方法だ。

ブロックチェーンの外部に存在するスマートコントラクトの初期の例として、エスクロー(第三者証書)サービスがある。2010年代初頭、ダークウェブのマーケットプレイスで取引を実行する際のデフォルトの手段として、法執行に対する脆弱性を最小化するために人間の入力を必要とするものであった。買い手は資金(通常はBTC)をエスクロー口座に入れ、製品が引き渡されたときにだけスマートコントラクトを実行して資金を放出する。

スマートコントラクトの実装は、サボ氏の最初の提案から数年間は、ニッチでほとんど理論的なものにすぎなかった。しかし、イーサリアムのブロックチェーンが登場した2015年以降、スマートコントラクトは本領を発揮するようになった。

スマートコントラクトの難度が上がると、ブロックチェーン上に分散型アプリケーション全体を作ることができる(dApps)というシンプルな考え方だ。DeFiの場合、これによって取引、貸し借り、一部の保険サービスなどを作ることができるようになった。これらはすべて人間の仲介のない、信頼できる原則に基づいている。

“Code Is Law(コードこそが法律)”という概念を超越

スマートコントラクトの前史は、間違いなくローレンス・レッシグ氏の著書「コードとサイバースペースの他の法律」(1999年)が起源となる。その中で同氏は、サイバースペース内では、コンピュータコードが現実の法律にほぼ類似しており、それに取って代わる可能性さえあると主張した。インターネットが生活のあらゆる側面に浸透し、政府がビジネスや個人の行動のほとんどすべての側面を規制している2023年には、この考えは古典的に感じるだろう。しかし、当時は過激な主張だった。

写真: QuoteInspector

しかしながら、レッシグ氏の著書は、”code is law (コードこそが法律だ)”という、長年の遺産を持つ1つのフレーズを世界に与えた。現代では、数学やコードがいかに曖昧さや操作を取り除くことができるかを説明する略語としてよく使われている。しかし、誰もがそう簡単に同意しているわけではない。

Qブロックチェーンの共同発起人のニコラ・ビアゴッシュ「昨年のLuna/Terra、Celsius、FTX、最近のMango DAOで皆が見たように、コードは限界に達し、悪質な業者は敵対的買収、ハッキング、そのほかの悪意ある利益を得られる」と、その定義のモットーは “Beyond Code Is Law(コードは法律という概念を超えろ)” であると言う。

「より多くの人間がWeb3の世界に参入するにつれ、優れたガバナンスにこそ、ニュアンスや人間の意図を受け入れる余地が必要となる。”Code is Law “は、ある状況には有効だが、全能な概念ではない」。

スマートコントラクトには欠点もある

スマートコントラクト至上主義者が注目している職業の1つが法律家だ。官僚(所によって腐敗しているとも言える)のような仲裁階層を持つ必要はない。なぜコードを真の法律としないのか?

この考えには、いくつかのシンプルな反論がある。裁判所は、広く理解しやすい方法で、悪い決定を覆し、再び起こる可能性を減らすことができる。暗号の文脈では、ある当事者から別の当事者に誤って、または不正にBTCが送られた場合、裁判所は証拠を検討し、その資金を返送するよう命令できるのだ。

しかし、ブロックチェーンのようなコードを付け足すだけのシステムでは、事実上その取引を「石」に書き込むことになる。ブロックチェーンは不変なので スマートコントラクトや検証済みの取引は元に戻せず、物事を計り知れないほど複雑にするだろう。スマートコントラクトを更新してバグを修正することは可能だが、それはゲームのパッチをダウンロードするよりも、はるかにコストと時間がかかる。

ビアゴッシュ氏は「私たちは確かにDeFiを超えて、社会のほかの場所でスマートコントラクトを実装することができる。”コード “だけに頼っていていいのだろうか?今のようなコードのあり方ではダメだろう。ニュアンスや意図、複雑さが、今のスマートコンタクトには限界となっている。分散型の社会や組織を構築するためには、信頼できないコードと人間の意図を考慮したツールを組み合わせる方法を見つける必要がある」と語っている。

「コードはあらゆる状況を説明することはできない。そして、人間には、遡及的に考え、意図を判断し、ある行動がルールに合致しているか、反しているかを判断するユニークな力がある。”コードは法律である”という概念を超えるということは、Web3において根本的なガバナンスレイヤーとしてコードを使うことから脱却するということではない。 コードと人間の言語を一緒に使うということだ」

皮肉なことだが、人間は欠けているパズルのピースである

自動販売機のように、スマートコントラクトもまた、それが運用される人間社会の複雑さには敵わない。一般的に理解されているような「スマートさ」はないのだとKCCおよびGoDaoのコアメンバーであるカイン・カオ氏は言う。

「人間は、トランザクションの自動実行、複雑なデータ構造の保存、複雑な計算の実行ができない。コスト高になるし、それらは短期的な問題である」

「長期的には、スマートコントラクトやDeFiの最大の限界は、現実世界を認識する能力であり、これは、サードパーティのプロキシを必要とする効率的で安全なオラクルサービスが欠けていることを意味している。より複雑な保険、現実世界での資産担保など、成熟したソリューションはまだない」

スマートコントラクトの明確な道筋として、AIや機械学習で補強する可能性がある。ChatGPTのようなチャットボットの不可避な出現により、スマートコントラクトに「人間のような」次元を追加する可能性が出てきている。基本的には、自ら取引を実行し、巨大なデータセットを呼び出すことができる自己実現型のマシンを作ることだが、AI言語モデルを使用したことがある人ならわかるように、AI言語モデルは完璧とは程遠いものなのだ。AIが入力を生成した場合、それが正しいものであることをどうやって確認できるだろうか?

それは、スマートコントラクトの既存の問題をさらに悪化させるだけだ。私たちのほとんどが読み書きができないコードで書かれているのだから。

Anomaの共同創業者であるアワ・スン・イェンは語る。
「スマートコントラクトの背景にあるデザイン全体を変えるべきだろう。ユーザーが安全かつ個人的にスマートコントラクトとやりとりするためには、直のスマートコントラクトだけでなく、呼び出された他のスマートコントラクトで何が起こっているのか、そして基盤となるブロックチェーンがどのように機能しているのかを、完全なほど理解する必要がある。これは実現不可能であり、多くの場合、リスクを理解せずにこれらのアプリケーションを使用し、予想だにしない高い代償を払うことになる(例:エクスプロイト、機密データの漏洩)」

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー