詳細を見る

ワームホール、6億1700万トークンのエアドロップを発表

4 mins

ヘッドライン

  • ワームホール、エコシステムの分散化を強化するため、6億1700万トークンのエアドロップを発表。
  • Airdropはユニスワップ財団による監査を受け、ワームホールの安全性を確認した。
  • Wトークンは、コミュニティへの貢献にインセンティブを与え、トークン・ベースのガバナンスを可能にすることを目的としている。
  • promo

30を超えるブロックチェーン間のデータ移動を促進する相互運用性プラットフォームであるWormholeは、6億1700万トークンを超える大幅なエアドロップを開始した。

この開発は、同プラットフォームのエコシステム内の分散化を強化する戦略の一環である。Wormholeのテクノロジーは、200以上のアプリケーションのシームレスなデータ転送を可能にし、100万以上のユニークなウォレットにサービスを提供している。

ワームホールがトークンのエアドロップを開始

今回のエアドロップは、ユニスワップ財団のブリッジ評価委員会による包括的なセキュリティと分散化の監査を受けて行われた。その結果、WormholeはUniswap DAOを使用する唯一のプロトコルとして承認された。このステップは、プラットフォームの運営とガバナンスを分散化するための継続的な取り組みと一致している。

Wormholeは、Wとして知られるトークンをコミュニティ内の様々なステークホルダーに配布する。この中には、エコシステム・アプリケーションのユーザーやアクティブな参加者が含まれる。この配布は、Wormholeネットワーク全体への関与と貢献を奨励することを目的としている。

エアドロップの参加資格は、ユーザーのエコシステムとのインタラクションに基づいて決定され、2024年2月6日23時59分(UTC)にスナップショットが撮影され、資格のある受信者が特定された。興味深いことに、一部の市場参加者は適格性チェッカーに関する問題を報告している。

「一部のユーザーは、チェッカーにEVMアカウントを接続しても結果が表示されません。これは現在調査中であり、これらのユーザーがいつ再チェックすべきかの最新情報をできるだけ早く報告する」とWormholeは述べた。

いずれにせよ、今回のエアドロップはトークン・ベースのガバナンス・システムを導入している。これは、Wormholeの保有者が意思決定に参加し、プロトコルの将来の方向性とガバナンスに影響を与えることを可能にする。トークンガバナンスへの移行は、より分散化されたコミュニティ主導の運営モデルへの移行というWormholeの目的を反映している。

続きを読む2024年に予定されているベスト・エアドロップ

Wトークンはまた、WormholeのNative Token Transfers (NTT)フレームワークによって促進される複数のチェーンにまたがって機能し、Wormholeに接続されたネットワーク内でのスムーズな送金を可能にする。したがって、今回のエアドロップは、Wormholeがその技術インフラと、意思決定プロセスにコミュニティを参加させるガバナンスモデルとのバランスを模索する上で、極めて重要な瞬間を意味する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー