詳細を見る

6億1730万ドルのワームホール(W)トークンが4月3日にエアドロップ

4 mins

ヘッドライン

  • ワームホールは4月3日に6億1730万トークンをエアドロップして、ガバナンス・トークンをローンチする。
  • Binance、OKX、Huobiなど複数の暗号資産取引所がこのトークンを取引に上場する予定だ。
  • プレマーケット価格が1.65ドルで、Wトークンは30億ドル近い時価総額でデビューする可能性がある。
  • promo

クロスチェーン・プロトコルのWormholeが2日、エアドロップされた。同時にそのガバナンス・トークンであるWを発表する準備を進めている。

このイニシアチブは重要なマイルストーンと言える。40万以上のウォレットに6億1730万Wトークンを配布する。これは、ソラナ、イーサリアム、その他様々なチェーンにおけるアーリーアダプターや貢献者に報いることを目的としている。

ワームホールの6億1730万トークンのエアドロップ

Wormhole Wednesday」と名付けられたこのローンチは日本時間2日20:00に設定されていた。このトークンエアードロップは、Wormholeのエコシステムを強化し、シームレスなチェーン間取引を促進するというコミットメントをさらに強化することを目的としている。

“Wのローンチは、最初からプロトコルのステークホルダーを大幅に分散化するように構成されており、100億のトークンの供給と、Solana上のSPLトークンとして配布される18億の初期流通供給がある。エコシステム&インキュベーション、コミュニティ&ローンチなど、さまざまなカテゴリーにまたがって配分され、成功、安定性、さらなる分散化というWormholeの長期的なビジョンをサポートする広範な分配が保証されます」とWormholeは書いている。

さらに、Binance、OKX、Huobiを含むいくつかの主要な暗号資産取引所が、4月3日12:00 UTCからWトークンをスポット取引に上場する用意があると宣言した。

この迅速な取引プラットフォームへの移行は、トークンの可能性とそれを受け入れようとするコミュニティの熱意を反映している。それでもバイナンスは、この新しいトークンに慎重にアプローチするようユーザーに助言した。

「Wは比較的新しいトークンであり、通常よりもリスクが高く、価格変動が大きくなる可能性があります。トークンの取引を選択する前に、十分なリスク管理を行い、Wのファンダメンタルズに関して独自の調査を行い、プロジェクトを完全に理解していることを確認してください」とBinanceは説明している。

ローンチ時に18億のWトークンが流通する予定で、市場前取引での価格は1.65ドルとなっており、WormholeはWトークンを暗号資産における極めて重要な資産として位置づけている。この価格が維持されれば、トークンの時価総額は30億ドル近くまで急騰する可能性がある。その結果、時価総額50位の暗号通貨の座を確保することになる。

続きを読む2024年に予定されている暗号資産のベスト・エアドロップ

このローンチは、Solana SPL20トークン標準に対応し、イーサリアムのERC-20にもサポートを拡大するという、その広範なアプローチで特に注目され、Wormholeのクロスチェーンの理念を反映している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Bary Rahma
ニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得。SEOに精通し、CNNで調査能力とストーリーテリング能力を発揮。ジャーナリズムでの実績に加え、Binanceのコンテンツライターとして、ダイナミックな暗号業界に関する洞察に満ちた記事を作成し、専門知識を提供してきました。ジャーナリズムとSEOのユニークな融合により、彼女は多才で、業界で高く評価されている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー