詳細を見る

X送金サービスがアルゼンチンの暗号通貨普及に意味するもの

5 mins

ヘッドライン

  • ユタ州で送金ライセンスを取得したXは、現在、全米15州で送金サービスを提供できる。
  • Xは、"すべてのアプリ "に含まれるピアツーピア決済に注力することで、VisaやPayPalに対抗する計画だ。
  • アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領は「取引の自由」を提唱しており、Xペイメントの導入に前向きであることを示唆している。
  • promo

イーロン・マスク氏が保有するDogecoinを公開した直後、Xはユタ州で送金ライセンスを取得した。このライセンスは、マスク氏がXをテンセントのWeChatのような「あらゆるアプリ」に変えようとしており、アルゼンチンのような国々が暗号の導入を検討している中で取得された。

ユタ州のライセンスを取得したことで、Xは米国の15州で送金サービスを提供できるようになった。

Xが暗号通貨への道を開く方法

先週のブログ投稿で、同社はVisaやPayPalと競合する計画だと述べた。同社は2023年に「グローバル・タウン・スクエアの基礎」を築き、ユーザー・エクスペリエンスの向上とインフラの変更を強調した。現在は、人工知能とピア・ツー・ピア決済に焦点を当て、”あなたの人生をより豊かにする力を一か所に集める “ことを目指している。

続きを読む暗号決済を受け入れる方法:簡単なガイド

マスク氏は、同様の決済ロードマップを実施していないペイパルは完成度の低い企業だと示唆した。マスク氏はPayPalで働いていたときに同僚とこのアイデアを思いついたという。

「X/PayPalの製品ロードマップは、私とデビッド・サックスが2000年7月に書いたものだ。PayPalはeBayになったとたん、どういうわけかリストの残りの部分を実装しなかっただけでなく、重要な機能を大幅に後退させたんだ。PayPalは、2000年7月、つまり23年前に私たちが考え出したものよりも、実は完成度の低い製品なのです」。

Xは、同社がどの程度迅速に支払いを決済したいかによって、stablecoinのレールを利用する可能性がある。Visaは最近、米ドルにペッグされた安定コインであるUSDCを送受信するために、パートナー向けに高性能ブロックチェーンを採用した。取引速度は毎秒400トランザクションを超えた。

続きを読むステーブルコインとは何か?初心者ガイド

アルゼンチンのビットコイン偏重がXペイメントを歓迎する可能性

Xは2023年4月、認知度と需要が不十分だったため、ビットコイン送金サービスを終了した。同社は米国やアルゼンチンなど一部の国でビットコインサービスを展開していた。

Xペイメントがアルゼンチンで開始されれば、人気を集める可能性がある。ハビエル・ミレイ大統領はプレスリリースで、オーストリア経済学派で生まれた哲学である「取引の自由」を支持すると述べた。ミレイ大統領の発言は、スイスのダボスで開催される世界経済フォーラム・サミットへの参加を前にしたものだ。

取引する自由とは、個人がどのような媒体を選ぼうとも、その権利を尊重するという哲学である。ビットコイン、暗号通貨、あるいは物々交換などが考えられる。

Musk X crypto
アルゼンチン・ペソの過去10年間の下落推移|出典:Xe:Xe

大統領は、長年の不始末でアルゼンチンペソが大幅に切り下げられた後、アルゼンチン経済を改善する方法を模索している。しかし、彼のビットコインへの支持は、ダボス会議のエリートたちが好む中央集権型モデルとは相反するものだ。

Xが暗号通貨を決済サービスに取り入れる可能性について、何かご意見はありますか?私たちに書き込むか、私たちのTelegramチャンネルで議論に参加してください。また、TikTokFacebookX(Twitter)でもお待ちしています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー