詳細を見る

ZeroLendの暗号資産エアドロップにコミュニティが反応:トークン配布に関する洞察

4 mins

ヘッドライン

  • ZeroLendのエアドロップはリネアでZEROトークンを配布する。
  • ZEROの供給量の約18%が地域社会に割り当てられる。
  • 暗号資産コミュニティは不均等な分配を批判している。
  • promo

ZeroLendはLineaエコシステムでZEROトークンの暗号資産エアドロップを開始した。

このイベントは5月6日7:30UTCに行われ、暗号通貨愛好家の間で関心を呼んだ。

ZeroLendの暗号資産エアドロップ

ZeroLendのユーザーにとって、新しいエアドロップ・システムへの移行はスムーズに行えるように設計されている。既存のゼログラビティポイントと初期のZEROトークンは、エアドロップの開始時に自動的にZEROに変換された。さらに、ユーザーはポイントが元々どこで獲得されたかに関係なく、リネアでZEROを請求し、賭けることができる。

このエアドロップには、初期のZEROトークン保有者に捧げられた全体の13%と、プラットフォームのネイティブ・エアドロップ・メカニズムを通じて蓄積された、変換されたゼログラビティ・ポイントによる追加の5%が含まれている。

ZEROはZeroLendエコシステム内のユーティリティとガバナンスのトークンで、LayerZeroテクノロジーを使って複数のブロックチェーン・ネットワークを橋渡しする。総供給量の約18%は、このエアドロップを通じてコミュニティのために確保されている。コミュニティメンバーは、イベント中にトークンの40%を前もって受け取り、残りの60%は6ヶ月にわたって配布される。

これは、参加者に提供される即時の流動性と、プライベート・セールの典型的な条件である構造化されたリリースとの間のバランスを提供することを目的としている。

続きを読む2024年に予定されているベスト・エアドロップ

計画されたエアドロップにもかかわらず、一部のコミュニティメンバーは分配プロセスに関して不満を表明している。例えば、コンテンツライターでビジネス開発担当のBen’s Cryptoは、トークン配布の格差を強調し、一部の対象メンバーがトークンを持たないままになっているとして、このエアドロップを批判した。

「申し訳ないが、ZeroLendは他のコミュニティと同じようにコミュニティをクソにした。私はあるウォレットに400,000アーリーZEROを持っており、別のウォレットには400,000グラビティポイントを持っています。今確認すると、私は0 ZEROを請求する資格があります」とBen’s Cryptoは主張した。

それでもなお、ZeroLendは潜在的な詐欺に対する警戒の重要性を強調し、コミュニティメンバーに対し、何らかの行動を起こす前に公式チャンネルを通じて情報を確認するよう助言した。現在、ZEROはBitgetのような中央化された暗号通貨取引所で取引されており、その価格は0.0006ドルである。最近では、KuCoin、Gate.io、OKXなどに上場された。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー