詳細を見る

ZK Nation、ZKsyncのエアドロップ論争で沈黙を破る

5 mins

ヘッドライン

  • Matter LabsのZKsyncエアドロップの発表は、主要参加者の除外により論争を巻き起こした。
  • エレメントや他の主要な貢献者たちは、自分たちの大きな貢献を認めていないとして、このエアドロップを批判した。
  • ZK Nationは参加資格を明確にし、取引量よりも長期利用者への報酬を重視した。
  • promo

6月17日に予定されているMatter Labsの最初のZKsyncエアドロップの発表は、暗号資産市場内で大きな論争を巻き起こしている。

このエアドロップでは、ZKsyncのネイティブトークンの17.5%が配布される予定だが、いくつかの主要なエコシステム参加者が除外されていることが怒りを呼んでいる。

ZK NationがZKsyncのエアドロップ問題を打破

NFTマーケットプレイスのElementなど、イーサリアムのレイヤー2 ZKsync時代に構築された著名なプロジェクトが不満を表明している。例えば、6月12日までのZKsync Eraの総取引量の70%近くを占めていたElementは、ソーシャルメディア上で不満を表明した。

「ZKsync最大のNFTマーケットプレイスとして、エアドロップを受け取らなかった。

同様の意見は、ZKsyncに1500万ドルのガス代をもたらしたNFT開発プラットフォームのZKApeや、分散型メッセージング・プラットフォームのDMailからも寄せられた。DMailは、その高いユーザーエンゲージメントと取引活動から、その除外を「信じられない」とした

これに対してZK Nationは、暗号資産エアドロップの適格基準と割り当ての根拠を説明する詳細なブログ投稿を発表した。

この投稿では、ウォレットがZKsyncのエアドロップを受けるには、ユーザー(89%)と貢献者(11%)の2つの主要カテゴリに分類されることが明らかにされました。ユーザーは暗号資産をZKsync Eraにブリッジし、7つの資格基準のいずれかを満たす必要がありました。一方、貢献者は開発とコミュニティへの貢献が評価された。

ZK Nationは、この配分が日和見的な参加者ではなく、長期的で有機的なユーザーに報いることを目的としていることを強調した。ブログでは、取引量だけでは割り当てサイズに影響しないことを概説した。その代わりに、適格性基準、時間加重平均残高(TWAB)、ボーナス倍率の組み合わせが配分を決定した。

例えば、イーサリアムの早期導入者やZKsyncネイティブNFTの上位保有者は配分倍率を受け取りました。

“チェーン間のウォレットの履歴は、その所有者について多くを明らかにすることができます。実際のユーザーは、特にコミュニティの一員であると感じている場合、よりリスクオンになる傾向があります。彼らは探索に時間を費やし、新しいプロトコルを試し、投機的資産を保持する。その反面、ボットや日和見主義者は安全策をとり、最小限の努力で価値を引き出そうとする」とZK Nationは書いている。

ブログはまた、具体的な不満にも言及している。いくつかの適格基準を満たしたにもかかわらず、少ない割り当てを受けたユーザーの中には、長期にわたって残高が少なかったり、適格な倍率が不足していたりした可能性がある。さらに、ZKsync Liteのユーザーは、資格を得るために資産をZKsync Eraにブリッジする必要があったが、これは一部のユーザーが見落としていたステップであった。

続きを読む2024年に予定されているベスト・エアドロップ

この論争は、公正な暗号資産エアドロップ分配の問題や、評価と報酬のバランスを取ることの難しさを浮き彫りにしている。エアドロップの日が近づくにつれ、コミュニティはその基準と結果を精査し、Matter Labsに透明性と公平性を求めている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー