詳細を見る

400万ドルのXRPがバイナンスから流出=センチメントの変化

7 mins

ヘッドライン

  • 社会的センチメントが恐怖から中立に移行し、市場ダイナミクスの変化を示す中、400万ドル相当のXRPがBinanceを退出。
  • Blockchairは$4.2M XRPが不明なウォレットに移動したと報告、さらに$1.45M XRPがBitstampからBinanceに移動。
  • リップルCTOは、市場変動の中で投資の可能性よりも国境を越えた取引におけるXRPの有用性を強調。
  • promo

取引所におけるXRPの取引は8日、上昇を記録し、市場の恐怖レベルが上昇する中で行われた。

トレーダーは、アルトコインがビットコインに追随する中、一般的な信念の欠如を示している。弱気なセンチメントにもかかわらず、データはリップルへの関心の高まりを示している。

取引所でのXRP取引が増加

データプラットフォームBlockchairは月曜日に取引所における一連のXRP取引を報告した。ある取引では、少なくとも420万ドル相当の1000万以上のXRPトークンがBinanceから未知のウォレットに移動した。

別の取引では、少なくとも145万ドルに相当する360万以上のXRPトークンがBitstampからBinanceに移動した。

関連記事:リップル価格の現在と未来|XRPは2024年に急騰するか

XRP取引
XRP取引:ブロックチェア

トレーダーが資産をウォレットに移す場合、それはHODLの意図を示唆している。一方、中央集権的な取引所間で暗号資産を移動させることは、異なる取引機能、より低い手数料、またはより多様な取引ペアを探求する計画を示唆している。また、トレーダーが価格差を利用して利益を上げるため、取引所間で裁定取引を行う戦略的な動きである可能性もある。

XRP取引の活発化は、社会感情の変化と一致している。CFGI.ioによると、センチメントは恐怖から中立へと改善している。これは、現在市場が過度に楽観的でも過度に悲観的でもないことを示している。

XRP社会的センチメント
XRPの社会的センチメント 出典:CFGI.io

それに伴い、「非常にポジティブ」なボラティリティの中、投資提案は持ち続けることに変わりはなく、警戒の必要性を示唆している。とはいえ、リップル社の最高技術責任者(CTO)は、市場は投資の可能性よりもXRPの有用性に注目する必要があると示唆しています。

「1ドルの支払いに十分なXRPを買うには、まだ1ドルかかります」とシュワルツ氏は指摘する。

この表現は、現在進行中の市場暴落がリップル・トークンにどのような影響を与えるかについて、コミュニティ・メンバーが懸念を示したことに由来する。XRPは過去数ヶ月間、0.6ドルの基準価格を下回っている。

リップルの主要な機能に集中せよとデビッド・シュワルツ氏

リップルCTOは、XRP保有者は現在の価格を利用してより多くのトークンを購入することができると示唆している。同氏によれば、これはXRPの交換媒体としての主要な機能を強調するものであり、市場が弱気であるにもかかわらず、迅速かつコスト効率の高い国境を越えた取引を促進するものだという。

しかし、シュワルツは2017年のコメントから逸脱しており、物語を操作しようとしているとの声もある。

「安いはずがない。それでは意味がない。XRPのコストが1ドルなら、100万XRPが必要で、それには100万ドルかかる。XRPが100万ドルなら、1XRPが必要で、これまた100万ドルかかる。ただし、価格が高いほど支払いは安くなる。今はビットコインで100万ドルの家が買える。ビットコインが300ドルだったら、市場を動かしすぎて、実用的な価格にはならない。リップル社幹部はXの投稿で、「価格が高くなれば、支払いは安くなる」と述べた

続きを読む:リップル(XRP)価格予測 2024/2025/2030

それにもかかわらず、シュワルツ氏は同氏が逸脱し、操作しているという疑惑を一蹴し、XRPの主な目的についてのスタンスを繰り返した。この強調は、リップルネットワークが投資ツールとしてではなく、クロスボーダー決済における有用性のためにXRPを普及させるというコミットメントを示唆している。

シンガポールで開催されたToken2049の中で、リップル社のCEOであるブラッド・ガーリンハウス氏も、リップルネットワークは現在、投機的な取引よりも、どのようなユーティリティを構築するかに重点を置いていると述べています。

「ビットコインETFの取引量は急増しており、半減期を迎えている。暗号資産が戻ってきた』というサイクルを何度も経験してきた者として、この強気な姿勢は現実の実用性と手を携えているに違いない。それこそが真の進歩です」とガーリンハウスは説明した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー