詳細を見る

AlgorandとThe Graph、どちらがブロックチェーン界のGoogleになるか

16 mins
記事 Jay Speakman

ヘッドライン

  • Algorandは、PPoS(Pure Proof of Stake)という独自の合意形成アルゴリズムを用いた、高速かつ安全な取引を実現するブロックチェーンプラットフォームである。
  • Algorandは相互運用性があり、ほかのブロックチェーンネットワークと相互作用し、それらの間で資産を転送することが可能。
  • Algorandは、独自のPoSコンセンサスアルゴリズムにより、取引手数料を低く抑え、マイクロペイメントや少額取引に魅力的なオプションとなっている。
  • promo

AlgorandとThe Graphは、どちらも分散型のオープンソース・ブロックチェーン・プラットフォームで、暗号資産業界で人気を集めてきている。しかし、両者の焦点とユースケースは異なっています。暗号資産業界では「〜のグーグル」のような例えをよく聞くが、これらのプロジェクトのどちらが王冠を手にするのか、確実に知るにはまだ時期尚早と言える。

Algorandは、スケーラブルで安全かつ高速に設計されたブロックチェーンプラットフォーム。Pure Proof of Stake (PPoS) と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムに基づいて構築されており、迅速かつ安全な取引を可能にしている。Algorandは、セキュリティやスピードに妥協することなく、多くのトランザクションを処理できるブロックチェーンプラットフォームを作ることに主眼を置いている。

AlgorandとThe Graphは競合の関係に

一方、The Graphは、ブロックチェーン上のデータにインデックスを付け、クエリを実行するための分散型プロトコル。さまざまなブロックチェーンネットワークのデータを高速かつ簡単に照会する方法を提供することで、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を容易に構築できるように設計されている。The Graphは、開発者がブロックチェーンデータを簡単に扱えることに主眼を置いている。本稿執筆時で、The Graph(GRT)の価格は0.08ドルとなっている。

AlgorandとThe Graphのメリット

  • Algorandは独自のコンセンサスアルゴリズムと、スマートコントラクトプラットフォームおよびガバナンスシステムを内蔵することで迅速かつ安全な取引を可能にした。もう1つの良い点は、Algorandはイーサリアムよりも高速で、基本的にガス代がかからない点だ。Algorandの最小取引手数料は0.001 ALGOコインで、取引サイズによってのみ決定される。
  • The Graphは、ブロックチェーン上のデータのインデックス付けとクエリに独自のアプローチを採用しており、開発者がブロックチェーンのデータを簡単に扱えるように設計されている。

AlgorandとThe Graphのデメリット

  • Algorandはまだこの業界で広く採用されているわけではなく、分散型環境での大量のトランザクションをどの程度処理できるかは未知数となっている。
  • The Graphはまだ比較的新しいプロジェクトで、こちらも広く採用されるには至っておらず、大量の分散型データをどの程度扱えるかは不明だ。

どちらが「ブロックチェーン界のグーグル」のような位置づけになるかについては、現時点では何とも言えない。そして実際、どちらかに”Google”のラベルを貼ること自体、正確とは言えないだろう。

しかし、Algorandは独自のコンセンサスアルゴリズム、スマートコントラクトプラットフォームおよびガバナンスシステムを内蔵していることから、幅広く採用される有力候補と言える。

The Graphは、ブロックチェーン上のデータの索引付けとクエリに対する独自のアプローチにより、開発者がブロックチェーンのデータを扱うためのツールとして期待されているが、こちらもまた「ブロックチェーン界のグーグル」となるような位置づけかどうかは不明だ(データの索引付けと整理はGoogle的な資質と言えそうだが)。

両プロジェクトは、どちらもブロックチェーン業界を変える可能性を秘めており、どちらがトップに立つかはまだわからない。

その可能性を高めるとしたら、異なるデモグラフィックにサービスを提供し、それぞれの目標を達成することが肝要だろう。

スカラムーチ氏の推薦による効果

Skybridge Capitalの創設者であるAnthony Scaramucci氏は先日、ALGO暗号資産に2億5千万ドルを投入したことを明らかにした。この新事実はDigital Asset NewsというYouTubeチャンネルで発表され、暗号通貨業界に大きな波紋を投げかけた。Algorand (CCC:)は現在、大手ヘッジファンドに重宝されている暗号通貨と見られており、その成長の可能性からグーグルと比較されている。実際、スカラムーチ氏は最近上梓した著書The Genius of Algorand:Technical Elegance and the DeFi Revolution(Algorandの才能:技術的優雅さとDeFi革命)」の中でAlgorandについて書いている。

Googleとの比較は、メリットがないわけではない。Algorandは、暗号資産の世界では未発見の宝石と言われており、そのブロックチェーン技術により、低い手数料で高速かつ安全な取引を可能にしている。

また、スケーラビリティも備えているため、長期的なリターンを求める投資家にとっても魅力的な存在となっている。スカラムーチの氏の推薦により、Algorandは市場で最も人気のある暗号通貨の1つとなり、真のゲームチェンジャーとなる可能性もある。

Coinbaseによれば、Algorand(ALGO)の現在の価格は0.23ドルとなっている。

Algorandの優位点

Algorandは、ほかのブロックチェーンプラットフォームと比較しても、以下に列挙するように、いくつかの優位点を持っている。これらの利点の中には、特にブロックチェーンが抱えるトリレンマ(三重苦)を解決することが含まれています。

  1. スケーラビリティ:AlgorandはPure Proof of Stake (PPoS)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを使用しており、迅速かつ安全な取引を可能にする。これにより、プラットフォームはセキュリティやスピードに妥協することなく、多くのトランザクションを処理することができる。
  2. セキュリティ:Algorandは、プラットフォーム上のすべての取引の安全性を確保するために、「検証可能なランダム関数」とという独自のメカニズムを備えている。これにより、すべての取引が正しく記録され、誰もシステムを騙すことができないようになっている。
  3. ビルトイン・スマートコントラクトプラットフォーム: Algorandはスマートコントラクトプラットフォームを内蔵しており、分散型アプリケーション(dApps)を作成することが可能。これにより、開発者や企業にとって、まったく新しい可能性が開かれる。
  4. ビルトイン・ガバナンスシステム:Algorand はガバナンスシステムが内蔵されており、プロトコルの更新などの重要な決定について、コミュニティ・メンバーが投票することができる。これにより、プラットフォームが常に進化し、ユーザーのニーズに適応していくことを保証する。
  5. 低い取引手数料:Algorandは、独自のPoSコンセンサスアルゴリズムにより、取引手数料を安く抑えることができる。また、より効率的にリソースを利用することができる。そのため、マイクロペイメントや少額取引に魅力的な選択肢となっている。
  6. 分散化:Algorand のネットワークは分散化されており、単一の団体やグループが制御することがない。そのため、政府や組織による支配を受けない、安全で透明性の高いプラットフォームとなっている。
  7. 相互運用性:Algorandはほかのブロックチェーンネットワークと相互運用できるように設計されており、ほかのブロックチェーンネットワークと相互作用し、それらの間で資産を移転することが可能。
  8. アクセシビリティ:Algorandは、保有する資産の量に関係なく、誰でもアクセスすることができるため、より民主的で公平な資源の分配が可能になる。

Algorandの競合プロジェクト

Algorandブロックチェーンと競合するプロジェクトは以下の通り。

  1. SolanaSolanaはPoH(Proof of History)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムにより、高速かつ安全な取引を実現する高性能ブロックチェーンプラットフォーム。DeFiプラットフォームを内蔵しており、スマートコントラクトにも対応している。
  2. Cosmos: Cosmosは、独立したブロックチェーンが相互運用できる分散型ネットワーク。Tendermintというコンセンサスアルゴリズムを使用しており、Atomという独自のネイティブトークンがある。
  3. EOS:EOSはDelegated Proof of Stake(DPoS)と呼ばれる合意形成アルゴリズムを用いて、高速かつ安全な取引を実現する分散型ブロックチェーンプラットフォーム。スマートコントラクトプラットフォームを内蔵し、分散型アプリケーション(dApps)にも対応している。
  4. AvalancheAvalancheは、高速で安全な取引を提供することを目的とした分散型ブロックチェーンプラットフォーム。Avalanche-Xと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを使用し、スマートコントラクトをサポートしている。
  5. NEAR:NEARは分散型ブロックチェーンで、Nightshadeと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを用いて高速かつ安全な取引を実現している。スマートコントラクトプラットフォームを内蔵し、分散型アプリケーション(dApps)にも対応している。

Algorandは、独自のコンセンサスアルゴリズム、内蔵型のスマートコントラクトプラットフォーム、ガバナンスシステムなどの特徴により、ブロックチェーン分野で強力なプロジェクトとなっている。大量のトランザクションを処理する能力、低い取引手数料、相互運用性、および分散化により、開発者、企業、および個人ユーザーにとって魅力的な選択肢となっている。

今回取り上げたプロジェクトはすべて異なる機能とユースケースを持っており、高速で安全かつスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームを提供するためにAlgorandと競い合っている。AlgorandはPure Proof of Stake(PPoS)とスマートコントラクトプラットフォームおよびガバナンスシステムを内蔵することで、競合プロジェクトの中でも際立っているが、ほかのプロジェクトも独自の機能やユースケースを持っており、注目に値する。

今後の展望

ブロックチェーンはまだ若い技術であり、その潜在的なユースケースの多くはまだ完全に実現されていない。例えば、ブロックチェーンは金融業界での導入に成功したが、他業界ではまだ広く採用されているわけではない。

さらに、スケーラビリティや規制の問題など、対処すべき課題もある。

ただ、ブロックチェーンは最終的に幅広く産業に革命をもたらす可能性があり、多くの利点を秘めている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー