詳細を見る

アップル、AR・VRヘッドセットを発表か|メタバース市場に期待が高まる

3 mins

ウォールストリートジャーナルが12日報じたところによると、大手IT企業のアップルは独自のAR・VRのヘッドセットを近日中(2023年6月上旬)に発売するとの噂が浮上している。これにより、仮想空間(メタバース)を提供するブロックチェーンプロジェクトに注目が集まりそうだ。

同ヘッドセットはミックスリアリティのアプローチを使用し、ユーザーはゴーグルのスクリーンを通じて仮想世界を体験しながら、同時に外向きのカメラによって周囲の世界を見ることが可能。同ヘッドセットはアップルが毎年開催する開発者向けのカンファレンス「WWDC」でデビューすると噂されているが、大半のユーザーが利用できるようになるのは早くても秋になると指摘されている。一方、アップルは6月、WWDCでデモ版のデバイスでのプレゼンテーションを準備中という。マスプロダクションはまだ数ヶ月先だが、アップル内部と供給チェーン内部の人々はさらなる遅延を懸念しているとのこと。価格は3,000ドルになると見込まれており、参入障壁の高さが懸念される。アップルのアナリストであるクオ ミンチー氏は、「2023年の出荷予測は20万台から30万台と推定されている」と述べた。

ヘッドセットの発売はメタバース市場を後押しできるのか

1月にはアップルの同ヘッドセットの販売を試みているとの情報から、SANDMANAなどの複数のメタバース関連銘柄が急騰した。同ヘッドセットではメタバースの導入がされると見込まれており、メタバース市場の繁栄が期待される。17日現在、SANDは日足で 5.8%、MANAは11%の上昇を見せている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー