詳細を見る

アップル、iPhoneでの生成AI活用に向けOpenAIとも協議を開始=グーグルに続いて

3 mins

ヘッドライン

  • AppleはOpenAIとiPhoneの新機能を搭載するための生成AI技術の利用に関して再度協議を開始した
  • 今協議では、次期iPhoneオペレーティングシステムiOS 18にOpenAIの機能をどのように統合するかが議論されている
  • 同社はすでにGoogleのGemini chatbotのライセンス取得に関する交渉も行っており、最終的なパートナー選定は未定である
  • promo

AppleはOpenAIとiPhoneの新機能を搭載するための生成AI技術の利用に関して再度協議を開始した。ブルームバーグが27日に報じた。今協議では、次期iPhoneオペレーティングシステムiOS 18にOpenAIの機能をどのように統合するかが議論されている。

関連記事:アップル、米大学UCSBとともにAI画像編集ツール「MGIE」を公開

同社はすでにGoogleのGemini chatbotのライセンス取得に関する交渉も行っており、最終的なパートナー選定は未定である。AppleはOpenAIだけでなく、Googleまたは別の提供者と契約する可能性がある。

アップルのティム・クックCEOは2月に、同社が生成AIに「著しく」投資していることを明らかにし、その技術をどのように活用するかについて今年後半に更なる情報を公開する予定であると述べた。AppleはMicrosoftやGoogleなどの競合他社に比べて、生成AIの導入が遅れているとされている。これらの企業はすでに製品にこの技術を組み込んでいる。

関連記事:AGI(汎用人工知能)とは? AIとの違いやメリット・デメリットを知ろう

アップルは24日、新たな言語モデル「オープンELM」(エフィシェント・ランゲージ・モデル)を発表。同モデルは従来のモデルと比べて、事前学習に使用するトークン数を半分に削減しつつ、精度を2.36%向上させていることが特徴である。同リリースにより、アップルは開発者がアップルデバイス上で直接モデルを実行できるようにするためのMLXライブラリ変換コードも提供している。

17年初め以降、Appleは21のAIスタートアップを買収。最近では、AIによるビデオ圧縮を提供するカリフォルニア州のスタートアップ「WaveOne」を買収していた。情報筋によれば、アップル24年後半の目標が達成されれば、iOS18および、iPadOS18ローンチで生成型AI機能の展開を開始できるという

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー