詳細を見る

アップル、「Apple Vision Pro」を販売開始|関連暗号資産は急騰

5 mins

ヘッドライン

  • Appleは2日、米国で複合現実(MR)対応のゴーグル型端末「Vision Pro」の発売を開始した
  • Appleにとって2015年以来の主要な新製品カテゴリーの一つとなる。日本での発売日程は未定となっている
  • ティム・クックCEOは「空間コンピューティングの時代が到来した」と述べ、Vision Proが消費者用の電子端末としては最も進んだものであると強調した
  • promo

Appleは2日、米国で複合現実(MR)対応のゴーグル型端末「Vision Pro」の発売を開始した。Appleにとって2015年以来の主要な新製品カテゴリーの1つとなる。日本での発売日程は未定となっている。

Vision Proは、視覚、手、声を最も自然で直感的な入力方法として利用するvisionOSを搭載しており、3次元の個人コンピューティングを実現する。このデバイスは、iOSおよびiPadOSに対応する100万以上の既存アプリに加え、Vision Proのユニークな機能を活用した新たな体験を提供する新しいApp Storeへのアクセスも提供する。高解像度ディスプレイを特徴とし、Apple TVを含む映像作品を視聴する際には、4Kテレビを超えるピクセル数を各目に提供する。Appleは、Vision Proを通じて、ユーザーがアプリとのやり取りを変える新しい次元をもたらすとしている。

Vision Proの価格は3499ドル(約52万円)で開発には7年余りがかけられた。メタ社のQuest の価格499ドル(日本では7万4000円)と比較すると価格差がある。ウェブプッシュ証券の調査によればApple Vision Proは24年内に60万台を売り上げる読み込まれている。 ティム・クックCEOは「空間コンピューティングの時代が到来した」と述べ、Vision Proが消費者用の電子端末としては最も進んだものであると強調した。

Vision Proは、ユーザーの目に光パターンを投影して直感的な入力を提供するアイトラッキングと、周囲の人との接続を維持するEyeSight機能を搭載。同社さはサスティナブルな開発ラインを実現するため、全磁石を100%リサイクル希土類元素、プリント基板にリサイクル錫と金を使用し、30年までにカーボンニュートラル達成を目指す。

暗号資産プロジェクトも参入へ

暗号資産と仮想現実(VR)技術の融合を目指すVictoria VRは、Appleの最新ヘッドセット「Vision Pro」向けに、ブロックチェーンベースのメタバースアプリを開発中であることを明らかにした。アプリは24年第2四半期のリリースを予定しており、リアルなグラフィックと没入型のゲームプレイを特徴とする。

Victoria VRのメタバースでは、イーサリアムブロックチェーンのERC-20規格に基づくVRトークンが使用される。トークンは、アクティブなユーザーやステーキングに参加したユーザーへの報酬配分に利用され、ゲーム内アセット販売からの収益の半分がこれらのユーザーへの再分配が予定されている。これを受けVRトークンは週末60%近く価値が上昇し、時価総額は約149億3500万円に達した。

メタバースは米アジア圏で活況|市場規模は6倍強に

statistaのレポートによれば、メタバース市場は24年には744億ドルの時価総額に達する見込みだ。24年から30年までの年間成長率(CAGR)は37.73%と予測され、30年には市場規模が5078億ドルに拡大する。24年には、米国がメタバース市場で最大の市場価値を生み出し、230億ドルに達する見通し。30年までにメタバース市場のユーザー数は26億3300万人に達すると見られ、24年のユーザー普及率は14.6%、30年には39.7%に増加すると予想される。米国、中国、日本を含む世界各国でメタバース市場は活況を呈しており、技術進歩とユーザーの採用において先導していると位置付けた。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー