詳細を見る

アップル、ヘッドセット「Vision Pro」2024年に販売開始へ=メタバース銘柄は一時高騰

3 mins

大手テック企業アップルは5日、複合現実(MR)ヘッドセット「Vision Pro」の2024年初頭から販売開始する。世界開発者会議(WWDC)で明かした。

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を合わせた複合現実の世界において、ユーザーは高画質コンテンツへの没入できるようなるほか、現実世界の視界上でメッセージや通知などを受け取ることが可能。「アイサイト」と呼ばれる機能が特徴で、仮想環境モードにおいても、人が近くに来たことを感知すると自動的に視界に入りアイコンタクトができる。

Vision Proの価格は3499ドル(約49万円)で開発には7年余りがかけられた。メタ社のQuest の価格499ドル(日本では7万4800円)と比較すると価格差がある。現在メタ社のQuestはVRヘッドセット市場で81%のシェアを持つ。

同ヘッドセットに関してはこれまで、ウォールストリートジャーナルなどの大手報道社らが報じており、メタバース銘柄は全面高になっていた。同公開を受け、メタバース銘柄は一時高騰するもSECによるバイナンスおよびチャンポン・ジャオCEOの提訴を受け全面安に。暗号資産トラッキングサイトのコインゲッコーによると現在、メタバース銘柄のマーケットキャップは10.5パーセント下落している。

フォーチュン・ビジネスインサイトが掲載するレポートによると、2022年の世界のメタバースの市場規模は234億ドルで27年までに3409億ドルまでに成長するとみられている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー