詳細を見る

アバランチ、「アバクラウド」を発表=プログラミングなしで開発可能に

4 mins

アバランチ(AVAX)の開発元Ava Labsは24日、Web3のローンチパッド「AvaCloud」を発表した。同サービスによりユーザーは自身でプログラムを書くことなくブロックチェーンをデプロイ・スケーリングすることが可能となる。

AvaCloudを使用することで、誰もが高性能なカスタムブロックチェーンを数分で構築し、スケールアップすることが可能となる。同サービスにより、企業は市場投入までの時間と経費を大幅に削減し、多くのWeb3従業員を雇うことなく、サポートされたネットワークを立ち上げることができる。同サービスではAmazon Web Services(AWS)のホスティングを活用し、サービスの信頼性を確保している​。

AvaCloudでは以下の4つの主要なコンポーネントが提供される。

  1. 自動化されたブロックチェーンビルダー:ノーコードのポータルを使用してブロックチェーンの立ち上げを容易にする。専用インフラチームと24時間の技術サポートが使用可能。
  2. 管理されたバリデーター:自動化されたインストールとスケーリング、セキュリティの強化、最適なパフォーマンスを確保するためのアップデートを提供。
  3. 包括的なデータツール:ブロックチェーンデータのリソースコスト節約と、アバランチとイーサリアムへのデータアクセスを提供し、NFTマーケットプレイスやDEXを強化が可能に。
  4. チェーン間の相互運用性:Avalanche Warp Messagingを通じて、アバランチネットワーク上のすべてのブロックチェーン間で無制限の通信を可能にする。
  • Avalanche Warp Messaging (AWM)は、異なるサブネット上の任意の2つのブロックチェーン間で、ブリッジを必要とせず、任意のメッセージの受け渡しや検証を含むコミュニケーションを可能にする。

この一連のツールを利用することで、企業や個人はブロックチェーンのパワー効果的な方法で活用が可能となる。AvaCloudでは専門家のチームがサポートを行なっており、カスタムブロックチェーンの立ち上げとスケーリングに特化したコンサルティングを提供する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー