詳細を見る

Azukiの新コレクションElementals、15分で完売|初動売上54億円も急落

2 mins

人気NFTのAzuki(アズキ)運営企業Chiru Labsは28日、新コレクションAzuki Elementalsを販売したところ、約15分で完売した。初動売上は2万ETH(約54億6000万円)に達したが、直後から最低取引価格(フロア価格)は急落。本家Azukiのフロア価格も大幅安となった。

Azuki Elementalsは発行枚数2万点のPFP(プロフィール画像)アート。米ラスベガスで24日に開催されたAzukiの公式イベントFollow The Rabbitで発表された。まず、同イベントでAzukiおよび派生コレクションBEANZ(ビーンズ) ホルダーに対し、発行枚数2万点のうち1万点が「Azuki Elemental Beans」としてエアドロップされた。こちらは後日、Azuki Elementalsとしてリビール(NFTアートが正体を表す)予定。

残りの1万点については28日午前2時、ミント価格2ETHで販売された。AzukiおよびBEANZホルダーは優先購入枠(AL)が付与され、開始15分で完売。一般ユーザーは購入できなかった。

終了直後からAzuki Elementalsに関し、小さなディテールや変更を除けばオリジナル版Azukiとほぼ同じという指摘がツイッター上で出回った。同コレクションのフロア価格は急落し、本稿執筆時点のフロア価格は1.37ETH(約36万8000円)。

なお、Azukiのフロア価格も連れ安となっている。過去7日間で49%下落し、本稿執筆時点のフロア価格は8.45ETH(227万円)。Chiru Labsに対する不満が表面化したかたちだ。

過去7日間のAzukiフロア価格(NFTGo
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー