詳細を見る

米コインベース、9日にBaseメインネット一般公開へ|記念イベント開催中

4 mins

米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは3日、イーサリアム(ETH)のレイヤー2ネットワークBase(ベース)に関し、9日にメインネットを一般公開すると発表した。コインベースは今後数週間、メインネット一般公開の記念イベントOnchain Summerを開催する。ユーザーは、Onchain Summer特設サイト上でメタマスクなどのウォレットを接続後、Baseメインネットにブリッジすることでイベント参加が可能。

コインベースは2月、Baseブロックチェーンのテストネットを開始後、7月には開発者向けにメインネットを先行公開していた。今後はすべてのユーザーが、分散型金融(DeFi)を含めBase上で提供されるWeb3サービスを利用できる。

Onchain Summerのイベントには、NFTマーケットプレイス大手OpenSeaや飲料大手コカ・コーラなど、50以上の企業やクリエイターが参加する。ユーザーは同イベントを通じて、Base上で提供されるアート、音楽、NFTゲームなどを楽しめる。同イベントのスケジュールには9日以降、特設サイトにて確認可能。現時点で、Baseメインネット一般公開を記念したNFT「Bridge and mint today」を特設サイト上で無料配布している。

レイヤー2ネットワークBaseとは|米コインベースが開発

Baseは、イーサリアムL2ネットワークOP Mainnet(旧Optimism:OP)の技術を基盤とし、コインベースが独自に開発したL2ネットワーク。Optimistic Rollups(オプティミスティック・ロールアップ)方式を採用し、イーサリアムのメインネットと比較して格安のガス代(取引手数料)と高い取引処理能力を実現する。なお、Base独自の暗号通貨は発行されていない。

Optimistic Rollups(オプティミスティック・ロールアップ)とは:
オフチェーンでトランザクションを処理し、まとめてレイヤー1に提出する技術。レイヤー2から送信される取引データが常に正しいことを前提に動作する。有効性を証明するデータは通常公開されないが、トランザクション処理の計算に不正があった場合に備えて「不正証明」スキームを実装している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー