詳細を見る

バーンスタイン、マイクロストラテジーをアウトパフォーム格付け、ビットコイン目標を33%引き上げ

5 mins

ヘッドライン

  • バーンスタインは、MicroStrategyの大幅な成長を予測し、2025年までにビットコイン純資産価値に対して50%のプレミアムがつくと予想している。
  • MicroStrategyはビットコインへの長期投資戦略を継続しており、転換社債の良好なパフォーマンスが見込まれる。
  • バーンスタインのアナリストは、ビットコインETFの需要を理由に、2025年末までにBTCの目標価格を15万ドルから20万ドルへと30%引き上げた。
  • promo

バーンスタイン証券会社がMicroStrategyのMSTRのカバレッジを開始し、アウトパフォームの評価を強調している。

同社のアナリストはまた、ビットコイン価格に楽観的な見方を示しており、2025年末までに目標を30%引き上げている。

バーンスタインがMicroStrategyの株式カバレッジを開始

調査・証券会社のBernsteinがMicroStrategyのMSTRの株式カバレッジを開始した。目標株価は2,890ドルで、アウトパフォームのレーティングを付与している。木曜日の終値は約1484ドル。

バーンスタインは、ビジネス・インテリジェンスおよびソフトウェア企業の大幅な成長の可能性を挙げている。 また、マイクロストラテジーのビットコイン純資産価値(NAV)は2025年までに50%のプレミアムを記録する可能性があると付け加えた。これは、同社のビットコインへの長期投資戦略と転換社債のパフォーマンスに基づいている。

バーンスタインによると、長期転換社債を活用する同社の戦略は、ビットコイン価格の急騰の可能性から恩恵を受ける十分な時間を提供する。また、保有するビットコインを清算するリスクを限定的に維持することもできる。

関連記事:世界の暗号資産トップ企業12選

コンバーチブル・シニア・ノートは、保有者が投資を自社株に転換できる付加価値のあるものだ。また、この債券は、万が一倒産が発生した場合、他の負債や株式よりも優先的に返済される。基本的には、無担保かつ優先的な構造となっている。

MicroStrategyはまた、利払いを半年ごとに設定している。元本の満期は、償還や転換などのアクションが早期に発生しない限り、2032年6月に設定されている。

MicroStrategy社は現在214,400BTCを保有しており、これは世界のビットコイン供給量の1.1%に相当し、その価値は約145億ドルである。過去4年間で、同社はBTCポートフォリオを拡大し、小規模なソフトウェア会社から暗号通貨市場における重要なプレーヤーへと変貌を遂げました。さらに、MicroStrategyは5億ドルの債券売却を通じてさらにビットコインを購入する予定です。

バーンスタイン、ビットコインの目標株価を引き上げ

同ブローカーはまた、ビットコイン価格の目標を2025年末までに15万ドルから20々ドルへと30%引き上げた。この楽観論は、BTCスポットETFへの需要が高まっているためとしている。この予想される需要は、証券会社がMicroStrategyを楽観視する一因となった。

「マイクロストラテジーは、パッシブなスポット上場投資信託(ETF)に対し、アクティブなレバレッジド・ビットコイン戦略として位置づけている。

一方、BTCスポットETFは、世界有数の資産運用会社が金融商品を発行しており、需要を牽引し続けている。ブラックロック、フィデリティ、フランクリン・テンプルトンは、約1900億ドルの運用資産(AUM)を誇っている。

「これらのETFを合わせると、約150億ドル(約1兆8000億円)の新規資金が流入している。ビットコインETFは、2025年までにビットコイン流通量の約7%、2033年までにビットコイン供給量の約15%に相当すると予想している」とバーンスタインのアナリストは書いている。

関連記事:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ベースケースでは、ビットコイン価格は2029年末までに50万ドル、2033年までに100万ドルに達する可能性があると専門家は述べている。本稿執筆時点では、BTCは66,859ドルで取引されており、過去24時間で2%近く下落している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー