詳細を見る

バイナンスに市場操作を指摘した従業員の解雇疑惑が浮上

6 mins

ヘッドライン

  • バイナンス、市場操作の指摘で従業員解雇の疑い。
  • WSJがバイナンスのVIP顧客による不正行為を報道。
  • バイナンスは最近、創業者の趙氏が投獄されるなど、法的問題に直面している。
  • promo

世界最大手の暗号資産取引所バイナンスが、市場操作の可能性を報告した従業員を解雇した疑惑に直面している。

この事態は、同取引所に対する監視の目を強めている。公正な取引環境を維持するための同社の献身に重大な疑問を投げかけている。

バイナンス、共同創業者が懲役刑に直面する中、新たな疑惑

ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、バイナンスがDWFラボによる操作活動を強調した後、市場監視チームの責任者を解雇したと報じた。注目すべきは、これらの活動にはパンプ・アンド・ダンプやウォッシュ・トレーディングなどの市場スキームが含まれていたことだ。このような行為はバイナンスの利用規約に反しており、伝統的な金融市場では厳しい法的結果を招く可能性がある。

追放されたリーダーとそのチームは従来の金融業界出身で、バイナンスの慣行を規制基準に近づけることを目指していた。彼らの調査により、一部の “VIP “顧客がプラットフォームの完全性を損なう不正取引を行っていたことが明らかになった。

この疑惑に対し、BeInCryptoとのインタビューでバイナンスの広報担当者は、市場操作に対する寛容さを否定した。

「バイナンスは、その市場監視プログラムが当社のプラットフォームにおける市場操作を許容しているという主張を断固として否定します。当社は、市場濫用を特定し、それに対する措置を講じる強固な市場監視の枠組みを有しています。バイナンスの広報担当者はBeInCryptoに対し、「バイナンスの利用規約に違反するユーザーはすべて退会させられます。

さらに、Binanceは過去3年間で、利用規約に違反したとして、2.5兆ドル以上の取引量を持つ約35万5000人のユーザーを退会させたと主張している。

「とはいえ、これらは軽々しく決定できることではありません。私たちは複数のツールを使って深く調査し、利用規約に違反した十分な証拠がある場合にのみ、クライアントをオフボードにしています」とバイナンスの広報担当者はさらに明らかにした。

この事件は、バイナンスの規制上の課題という、より広範な背景の一部である。2023年末、米国の規制当局は、ユーザー保護よりも利益を優先させたとしてバイナンスを叱責した。その結果、バイナンスはマネーロンダリング防止基準に違反したとして、43億ドルという多額の罰金に同意した。

さらに、バイナンスの創設者であるチャンポン・ジャオ被告は最近4ヶ月の実刑判決を受け、同取引所が現在も抱える法的問題を浮き彫りにした。米国証券取引委員会(SEC)もバイナンスに対して追加の民事告発を行った。

SECは、バイナンスがリスクコントロールと取引慣行について米国の投資家を欺いたとしている。

WSJは、市場操作に関する報告書は、徹底的な内部調査と関連する社内文書や電子メールのレビューから作成されたと主張している。監視チームは規制遵守において重要な役割を担っていたにもかかわらず、彼らの勧告が著名な顧客の利益と相反する場合、しばしば無視されていたことを示唆している。

監視チームは、操作的な取引慣行を検出・防止する新しいソフトウェア・ツールでその能力を強化した。こうした進歩にもかかわらず、WSJの申し立てが事実であれば、バイナンスが従業員を解雇したことは、取引所の透明性と公正性へのコミットメントに疑問を投げかけることになる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー