詳細を見る

【速報】 バイナンス創業者チャンポン・ジャオ被告に懲役4カ月の判決

3 mins

ヘッドライン

  • バイナンス創業者の趙昌鵬に懲役4ヶ月の判決。
  • 趙氏に5000万ドルの罰金、銀行秘密法違反で有罪を認める。
  • 暗号資産監視強化の中、Binanceに43億ドルの罰金。
  • promo

バイナンスの創業者チャンポン・ジャオ(Changpeng “CZ” Zhao)被告に4カ月の実刑判決が1日、言い渡された。

この判決は、ジャオが銀行秘密法違反の罪で有罪を主張したことを受けたもの。この罪は最長で10年の懲役刑となる可能性があった。

バイナンス創業者、チャンポン・ジャオ被告に実刑判決

昨年11月の有罪答弁を含む当局への協力により、最高刑は約36カ月に大幅に軽減された。しかし、連邦判事は量刑ガイドラインを逸脱し、ジャオ被告の行動の重大性と金融規制への影響を理由に、4カ月の実刑を命じた。

「適切かつ妥当な量刑を科すための努力が必要だ」と判事は述べた。

米司法省は、ジャオ被告の司法取引で合意された刑期の2倍にあたる3年の実刑判決を勧告していた。逆に、趙被告の弁護団は実刑を求刑せず、ジャオ被告の住居を監視する専門会社のセキュリティプランに支えられた自宅謹慎と保護観察を主張した。

実刑判決に加え、ジャオ被告は5,000万ドルの罰金を支払うことに同意したが、これは報告されている彼の純資産約430億ドルに比べれば控えめな額である。ザオが2017年に設立し、世界最大規模に成長させた暗号通貨取引所バイナンスも金銭的な影響を受けた。ザオが有罪答弁をしたとき、同社は43億ドルという途方もない額の罰金に同意した。

関連記事:欧州で人気の暗号資産デビットカード7選

この判決は暗号資産市場にとって重要な瞬間であり、業界のリーダーたちが直面している監視と規制の要求の高まりを強調している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー