詳細を見る

ビットコイン半減期、最新予測レポート公開|米コインベース

2 mins

暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは14日、市場動向に関する最新レポートを公開した。同レポートでは、2024年春に予想される次回のビットコイン(BTC)半減期が及ぼす影響について分析している。

コインベース社アナリストのデヴィッド・ドゥオン氏は「ビットコイン半減期における市場反応を正しく把握するには、流動性、金利政策、米ドル動向といった諸要素を切り離す必要がある」とレポートした。次の半減期がビットコイン価格に好影響を与える可能性はあるとしたものの、断言を避けたかたちだ。

ブロック報酬の半減は、ビットコインの希少性を高め、市場にポジティブな影響を与えるケースが多い。過去の半減期イベントは2012年11月、2016年7月、2020年5月に計3回発生しており、いずれもビットコイン価格は大幅な高騰を記録している。

ビットコイン半減期とは

ビットコインの半減期とは、マイニングによるブロック報酬が半分に減額されるイベント。2024年春に予想される次回のビットコイン半減期により、ブロック報酬は6.25BTCから3.125BTCに減額される。2009年1月3日に元祖となるブロック(ジェネシス・ブロック)が生成された当時、ブロック報酬は50BTC。なお、当時はサトシ・ナカモトが唯一のマイナーだった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー