詳細を見る

ビットコイン(BTC)価格、売り圧力にもかかわらず底値に近づく – 反発が期待される

7 mins

ヘッドライン

  • 歴史的にビットコイン価格にとって極めて重要であった重要指標は、売り手の疲弊が始まったことを示唆している。
  • オンチェーンでは買値が売値を上回り、58,037ドルに流動性が集中している。
  • BTCは58,251ドルに再挑戦するようだが、20日EMAを下回る取引は弱さを示している。
  • promo

ビットコイン(BTC)の価格は7日、5万4,424ドルと5万8,215ドルの間を行き来した。しかし、新しい週が始まると、コインは次の方向性に影響を与える可能性のある興味深い事実をオンチェーンで提示する。

視点を変えれば、この条件は歴史的にBTCの回復にとって極めて重要であった。今回もそうなるのだろうか?

ビットコインは売られすぎ、複数の入札を促す

問題の指標はNVTゴールデンクロスである。NVTはNetwork Value to Transactionの略。NVTレシオの改編指数として定義されたこの指標は、ビットコインが底を打ったのか、それとも頂点にあるのかを測る。

この指標の値が2.20以上の場合、コインが頂点に達したことを意味し、下落が迫っている。下の画像に見られるように、これは2023年12月、2024年3月、そして最近では5月に起こった。

ビットコインは売られすぎ
ビットコインNVTゴールデンクロス:クリプトクワント

比較的、NVTゴールデンクロスが-1.60以下であれば、BTCが底に近いか、底を打ったことを意味する。

現在、この指標は-1.39であり、売り越しの可能性がある。この売り圧力は、Mt.Goxの最近のBTCの動きと関連している可能性がある。

それとは別に、ドイツ政府による多数の送金も一役買っている。しかし、現状では、売られ過ぎが反発を予兆する可能性があるため、コインは回復基調にあるのかもしれない。

さらに、市場参加者は現在の割引価格でBTCを買うために列をなして待っているようだ。BeInCryptoは、取引所オンチェーンマーケットデプスを調査した結果、これを発見した。

関連記事:2024年にIPO予定の暗号資産企業トップ5

この指標は、上位20取引所の注文帳簿上の活動を考慮します。取引所オンチェーンマーケットデプスは、ビッド(買い)とアスク(売り)の2つの部分に分かれています。

IntoTheBlockによると、参加者は平均価格5万5,671で2万2,075 BTCの入札を行った。しかし、オフロードされる予定のBTCの総額は1万1,514 BTCで、平均価格は5万5,673ドルである。

ビットコインの買い圧力
ビットコイン取引所オンチェーン市場の深さ:IntoTheBlock

より高い価値が買われることを考慮すると、ビットコインの価格は再び下降を回避し、最近の損失の一部を回復する可能性がある。

BTC価格予測:これ以上の暴落はない

本稿執筆時点では、ビットコインは5万6,752ドルで取引されている。しかし、リクイデーションヒートマップは、価格が短期的に上昇する可能性を示唆している。

リクイデーションヒートマップは、市場における買い注文と売り注文の強さを測るために色のバリエーションを使用しています。紫のような冷たい色は、活動のレベルが低いことを示す。しかし、緑や黄色のような色が現れた場合、流動性が価格レベルに集中していることを意味します。

ヒートマップを分析することで、潜在的な関心領域、抵抗線、支持線を見つけることができる。

Coinglassによると、57,516ドルと58,037ドルに高い流動性がある。この高いレベルの流動性は、これらの地域でのビットコイン価格の上昇を引き付ける可能性がある。

続きを読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ビットコイン清算ヒートマップ
ビットコイン流動化ヒートマップ:コイングラス

モメンタムを測定する相対力指数(RSI)もこの可能性を支持している。BTC/USDの日足チャートでは、34.61にある。

30.00を下回ると売られすぎ。70.00を上回ると買われすぎ。したがって、RSIの位置は、ビットコインが売られ過ぎの領域から抜け出し、大幅な回復を目指していることを示唆している。

サポートポイントとレジスタンスポイントを示すフィボナッチリトレースメントの位置から行くと、BTCは57,016ドルを突破した場合、58.251ドルを再テストする可能性がある。

ビットコイン価格分析と予測
ビットコイン日次分析:トレーディングビュー

一方、Xの偽名アナリストであるRektCapital氏もビットコインの値動きについてコメントしている。同氏によると、コインは再集積に迫りながら、横ばい取引を残した可能性があるという。

“ビットコインは、このレンジが存在する4ヶ月以上で初めて、再集積レンジの安値を下回る初の週足ロウソク終値の頂点にある “とRekt Capitalは投稿した

しかし、ビットコインはまだ20日指数移動平均(EMA)の下で取引されている。

ビットコインの価格が20日EMAを上回れば、強固な強気トレンドを示すことになる。しかし、コインがしきい値の下でふらつく限り、55,019ドルまでリトレースメントするリスクがある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

img_3173.jpg
Victor Olanrewaju
ビクター・オランレワジュ(Victor Olanrewaju)はBeInCryptoのテクニカル・アナリスト兼オンチェーン・アナリストで、同氏は一般に暗号クジラとして知られる中・大規模投資家の活動を監視し、ビットコイン、Solana、XRP、Cardano、Toncoinなどのアルトコイン、Dogecoin、Shiba Inu、Pepeなどのミームコインなど、多様な暗号通貨の投資動向を探知している。さらに同氏は、Tap-to-Earnゲーム、AIトークン、リアルワールドアセット(RWA)などの新たなトレンドもカバーしている。BeInCrypto入社以前は、AMBCryptoとCoin Editionでアルトコインの市場分析と技術評価を行い、暗号通貨投資家の行動とセンチメントを包括的に把握するためにオンチェーン分析ツールを採用した。同氏はイバダダン大学で物理学の学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー