詳細を見る

米国、香港、豪州のビットコインETFは8年ぶりのブルラリーを巻き起こすか?

8 mins

ヘッドライン

  • ビットコインETFのローンチは、金の市場軌跡と比較されながら、暗号通貨の新たな章に火をつける。
  • アナリストは、ビットコインの長期的な上昇を予測し、過去のトレンドとそのストック・ツー・フロー・モデルを挙げているが、潜在的な遅れは認めている。
  • ETF主導の熱狂にもかかわらず、今日の市場はビットコインの価格下落や流出を示しており、短期的なボラティリティを示唆している。
  • promo

2024年1月11日に米国証券取引委員会(SEC)がビットコイン上場投資信託(ETF)のスポットを承認して以来、暗号資産は大きく回復した。同3月14日には最高潮に達し、ビットコイン(BTC)は7万3,737ドルの史上最高値(ATH)を更新した。

この上昇トレンドは米国だけにとどまらない。香港はビットコインとイーサリアムのスポットETFをローンチしたばかりで、オーストラリアはビットコインのスポットETFの独自バージョンのローンチを準備している。

世界的な熱狂は、ビットコインが単なる通貨ではなく、金と対をなす潜在的なデジタル通貨であるというコミュニティの楽観的な見方を反映している。

ビットコインETFは8年間のブルラリーを維持できるか?

貯蓄とインフレヘッジとしてのビットコインの物語は、金の市場スタンスに近く、その比較は今やそれぞれのETFにまで及んでいる。歴史的な前例は、説得力のあるストーリーを提供する。

2004年の金ETFのローンチは、約8年間の強気相場を引き起こした。最初の金ETFであるSDPRゴールド・シェアは、2004年11月1日にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場された。その後一貫して成長を続け、2011年8月1日には1,825ドルに達した。2024年、金は4月19日に2,392ドルの価格を達成することに成功した。

しかし、暗号資産YouTuberのAltcoin DailyによるX(旧Twitter)への投稿によると、BlackRock Bitcoin ETFは、金のETFが800日以上かかった運用資産(AUM)を70日で達成した。同氏は、ETF領域における金の初期と比較して、ビットコインに対する前例のない需要を強調した。

“これは始まりに過ぎない…”とAltcoin Dailyは指摘した。

関連記事:暗号資産におけるETNとETFの違いとは?

GLDとIBITのAUM比較。
GLDとIBITのAUM比較|出典:X/AltcoinDailyio

この視点を支持するビットコインアナリストのウィリー・ウー氏は、現在の財政力学を指摘した。

「ビットコインの貨幣インフレ率がゴールドを下回った今、その時価総額がストック・トゥ・フロー[S2F]テーゼに従ってゴールドを超えるかどうか興味深い」とウー氏はコメントした。

同氏は、ビットコインはS2Fの評価額と一致するが、5〜10年の遅れが生じると予想している。ウー氏は、世界の金融システムがこのようなイノベーションを採用するペースが遅いことを挙げている。

ビットコインの技術的アーキテクチャーは、金に対して別の優位性を与えるかもしれない。4年に1度の半減期のようなイベントは、市場に新規参入するビットコインの数を減らすように設計されており、理論的には時間の経過とともにその価値を高める。

実際、歴史的に見ても、半減期後の価格は大幅に上昇している。2012年の半減期は、2013年後半までに12ドルから1000ドル以上に跳ね上がった。同様に、2016年の半減期では、価格が650ドル前後から2017年12月までに2万ドル近くまで高騰した。最後に、2020年の半減期は、価格を約8,000ドルから2021年11月までに6万9,000ドルまで押し上げた。

これらのパターンは強気の見通しを示唆しているが、価格の急騰は通常、即時ではなく長期的なものであるという注意点がある。著名アナリストのPlanBはこれを再確認した。同アナリストらは、短期的な変動にもかかわらず、将来の著しい成長を予測した。

PlanBは、現在の市場の変動にもかかわらず、過去のデータや市場分析に沿った強気の見通しを指摘した。

「2024年にBTC>100,000ドル。2025年にBTCトップ>30万ドル」とPlanBと投稿した

ETFの成功にもかかわらず価格は後退

しかし、投機的楽観論や過去のトレンドにかかわらず、今日の市場の動きは異なる絵を描いている。本稿執筆時点では、ビットコインは62,035ドルで取引されており、過去24時間で0.47%の微減となっている。

同様に、スポットゴールドも小幅な動きを経験しており、2,311ドルで取引されている。この数値は昨日の価格から約1.02%の減少を表している。

さらに、SoSo Valueのデータによると、米国のスポットビットコインETFは2024年4月29日現在、1日あたり5,153万ドルの資金流出を記録している。これで4日連続のマイナスフローとなった。以前はトップパフォーマーだったブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)でさえ、この期間中に新規の流入は記録していない

関連記事:ビットコイン価格予測 2024/2025/2030

米国スポット・ビットコインETFの1日当たりのフロー。
米国スポットビットコインETF合計ネットデイリーフロー|SoSoバリュー

これらの指標は慎重なアプローチを示唆している。ビットコインETFを巡る熱狂は手に取るようにわかり、金のETF主導の上昇との比較は魅力的だが、取引現場の現実はボラティリティと投機的不確実性の物語である。

技術、経済、世界的な規制が複雑に絡み合うビットコインは、金の歴史的な上昇と並行するかどうかはわからないが、ユニークな投資視点を提示している。投資家も観衆も、このデジタル資産クラスの可能性と落とし穴の両方を考慮しながら、これらの動向を注意深く観察するのがよいだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー