詳細を見る

ビットコイン・マイニング関連銘柄、半減期が近づき一番手に

5 mins

ヘッドライン

  • ビットコイン・マイナーのマラソン・デジタルは昨日、1億5180万ドルの純利益と年間収益の増加を報告し、株価が上昇した
  • 上場鉱業会社は、資本を充実させながら、技術スタックと採掘リグのフリートの拡大を計画している
  • 2024年のビットコイン半減が近づくにつれ、重要なのは毎日採掘されるBTCの数だけでなく、採掘されるビットコインあたりの収益性でもある
  • promo

ビットコインの採掘業者であるマラソン・デジタルは2月28日、昨年第4四半期の年間利益が1億5180万ドルに達したことを明らかにし、株価の急上昇を楽しんだ。同社のCEOがビットコイン半減後の計画を説明したため、ナスダック市場のMARA株は一時31ドルを超えて急騰した。

MARAの価格は、過去3ヶ月で154%上昇した後、31ドルで頂点に達した。

マラソンデジタル、新章に興奮

Marathon Digitalは決算説明会で、2023年第4四半期の純利益が1株当たり1億5180万ドルであることを明らかにした。この利益は、前年同期の3億9,160万ドルの純損失に続くものである。同社の同期間の売上高は2840万ドルから1億5680万ドルへと約452%増加した。

マラソン社のフレッド・ティール最高経営責任者(CEO)は、同社の勢いと進化する技術スタックにより、同社の歴史上最もエキサイティングな時期が到来したと述べた。ティール氏は、年末までにマラソン社のビットコインマイニングのハッシュレートを毎秒50エクサハッシュに拡大 する計画を明らかにした。

「私たちの勢い、強力なバランスシート、そして私たちのテクノロジースタックで構築している差別化要素を考えると、私たちの組織にとって最もエキサイティングな時代はまだまだ続くと楽観視しています」とティール氏は語った。

続きを読む2023年のベスト7暗号通貨マイニングハードウェア

bitcoin mining difficulty
ビットコインのマイニング難易度ソースグラスノード

2024年4月19日に予定されているビットコインの半減により、マイニングされたトランザクションブロックごとに与えられるBTCの数が減少します。これ以降、マイナーは現在の6.25BTCの報酬ではなく、3.125BTCのブロック報酬を受け取ることになる。このイベントにより、マイナーはビットコインのブロックを正しく解決する可能性を高めるためにマイニングコンピュータを買いだめしている。

ビットコインマイナーが半減に備える方法

ビットコインが半減する前に、採掘者は収益性の低下に備えなければならない。そのためには、既存の設備を使ってBTCを採掘し、ビットコインの価格が下落した場合に売却する必要がある。

Marathon Digitalは、2023年12月に1,853 BTCを採掘したと報告しており、十分な態勢を整えているようだ。この採掘されたビットコインは、今日の価格でおよそ1億1500万ドルの価値がある。しかし、資本が潤沢であることはパズルの1ピースに過ぎない。

マラソンはライバルのライオット・プラットフォームズよりも毎日多くのBTCを採掘しているように見えるが、高いコストをかけている。Marathonは1BTCを採掘するのに22,000ドルを支払うが、Riot Platformsは1コインあたり2,000ドルで、ほぼ90%少ない

関連記事:ビットコインの半減期とは?報酬の半減と価格推移の関係性

Bitcoin Miners Profit Squeezes
ビットコインマイナーの利益圧迫。 ソースグラスノード

Riotのテキサス州の位置は、電力需要やビットコイン価格が変化した場合、グリッドに電力を売ることができることを意味します。BeInCryptoはMarathonとRiotに財政見通しについてコメントを求めたが、発表時点では返答がなかった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー