詳細を見る

Blur、NFTレンディングサービス「Blend」を発表

6 mins
更新 Shota Oba

NFTマーケットプレイスのBlurは2日、NFTレンディングサービスプロトコルの「Blend」を発表。追加情報は3日午前2時の予定とのこと。

「Blend」はNFTを含む任意の担保をサポートするP2P(ピア・ツー・ピア)パーペチュアル・レンディングプロトコル。オラクルへの依存やレンディング期限の制限がなく、マーケットが決定する利率で無期限の借り入れが可能。オフチェーンのオファープロトコルを使用して、NFTを借りたいユーザーを、最も競争力のあるレートを提供する貸し手とマッチさせる。これにより、借り手と貸し手の利益が最大化される。

Blendのローンは固定レートで期限がなく、借り手はいつでも返済が可能。貸し手はダッチオークションで新しい貸し手と新しいレートを見つけてポジションから退出できる。「Blur Core Contributors」によって実装されたBlendでは、プロトコル手数料などのプロトコルの一部のパラメーターがBLURガバナンスによって制御される。

Blendではオラクルを必要とせず、期限がないため、利率が変わる場合や一方の当事者がポジションから退出したい場合にのみオンチェーン取引が必要になる。さらに、オンチェーンガバナンスや中央集権的な管理者に頼ることなく、長期間の担保を許可しないプロトコルとは異なり、ブレンドは個別の貸し手と借り手が直接取引できるため、長期間担保をサポートすることが可能になる。

競争力の高い金利で効率的な融資が可能に

Blendの貸し手にとっての利点は、担保となるNFTの価格が返済額を下回った場合、借り手がローンを返済しない選択をすることが可能な点だ。通常、NFTレンディングプロトコルではローンが返済されなかった場合、貸し手は担保としているNFTを取得することができるため、借り手はNFTの価値に関わらずローンを返済しなければならない。しかし、ダッチオークションを利用したリファイナンスの仕組みを導入することで、この問題を緩和することができる。

リファイナンスオークションでは、新しい貸し手が見つかり、借り手が新しい貸し手と新しいレートで契約することで、貸し手がポジションから退出することができる。このオークションによって、競争力のあるレートが提示され、新しい貸し手が受け入れることで、既存の貸し手はポジションから退出できる。これにより、市場の状況に応じたより効率的な融資が可能となる。

  • リファイナンス:NFTを担保として使用しているローンが期限切れになる前に、新しい貸し手からの借り換えによって現在のローンを返済することを指す。
    ダッチオークション:複数の人々が同じNFTに対してオファーを出し、価格が下がっていく中で、最初に出品者が提示した価格よりも低い価格で落札された最高価格を支払う方式のオークションのこと。

さらに、Blendはリキッドステーキングポジションや他のDeFi(分散型金融)プロトコルのトークンを担保として扱うことが可能。これにより、ユーザーは既存の資産を活用して新たな投資機会を獲得できる。さらに、プラットフォームは担保のリスク評価を最適化するための独自のアルゴリズムを採用しており、市場の変動に対して適切な対応が可能となっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー