詳細を見る

リップルCEO、「XRPは証券ではない」と主張

5 mins

ヘッドライン

  • リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、カリフォルニア州での好意的な判決の後、XRPは証券ではないと再確認した。
  • リップル社に対する集団訴訟請求を棄却、残る請求はリップル社に直接関係のない原告によるもの。
  • XRPへの投資家の関心が急上昇、アナリストは潜在的な市場のボラティリティのため注意を促す。
  • promo

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは21日、カリフォルニア州での決定的な判決を受けて、XRPは証券ではないと再確認した。

この声明は、XRPに対する投資家の関心がかつてないレベルに達する中で出されたもの。

ブラッド・ガーリングハウスXRPは証券ではない

Garlinghouse氏は、最近の集団訴訟におけるカリフォルニア州裁判官の判決について、一般大衆に向けて発言した。同氏は、すべての集団訴訟の請求が棄却されたことを強調し、この結果は、XRPが証券ではないという立場を変えるものではなく、以前のニューヨークの裁判所の判決と同じであると繰り返した。

“多くの人が気づいているように-そして何人かは既に指摘しているように-、XRPに関する集団訴訟で昨日カリフォルニアの裁判官が下した判決について、多くの誤解を招くような、そして事実上不正確な見出しがつけられている。これは大きな勝利であり、訴訟における全ての集団訴訟の請求は棄却され、XRPがそれ自体、証券ではないという事実を否定したり変更したりするものでは全くありません。

同氏はさらに、現在裁判が予定されている残りの州法上の請求は、リップル社から直接XRPを購入していない原告が関与しており、同氏が取引前に係争中の記述に遭遇したかどうかさえ確認できないことを明らかにした。さらに、ガーリンハウス氏は原告を批判し、多額の和解金を得るために法制度を悪用しようとする日和見主義者であるとレッテルを貼った。

このような法的背景の中、暗号資産アナリストのWoo Min-Kyu氏は、XRPの建玉(OI)が他の暗号通貨を上回って顕著に増加していることを観測した。この傾向は、建玉が価格と共に上昇するにつれ、より多くの投資家がXRPの価格上昇を期待してポジションをオープンしていることを示唆している。

Min-Kyu氏は、この関心の高まりは取引の活発化を示していると強調した。しかし同氏はまた、潜在的な市場のボラティリティに警告を発し、投資家にリスク管理を優先するよう助言した。建玉と価格の上昇に伴い、市場は急激な変動に見舞われる可能性があり、慎重な監視が必要となる。

“この傾向は、建玉が価格とともに上昇するにつれて、投資家がXRPの価格上昇を期待してより多くのポジションを建てることを示唆している。この関心の高まりは、XRPでより多くの取引が行われていることを示しています。

関連記事:リップル(XRP)価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

XRP オープンインタレスト
XRPのオープンインタレスト 出展:CryptoQuant

XRPに対する投資家の関心の高まりは、ブラッド・ガーリンハウス氏がリップル社の立場を擁護し、今後の裁判の中でさらなる明確化を期待していることから、これらの法的進展に対する市場の反応と、その価値に対する楽観的な見通しを反映しています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー