詳細を見る

カルダノ(ADA)の将来は投資家次第

4 mins

ヘッドライン

  • カルダノの価格はシンメトリカル・トライアングルにはまり込んでいる。
  • ADAは、クジラが1億3000万ドル相当のトークンを1日で売りさばいたことにまだ動揺している。
  • 参加者が増えていることはポジティブな兆候だが、潜在的な売りシグナルとなる恐れもある。
  • promo

カルダノ(ADA)の価格は、横ばい圏にとどまっているため、幅広い市場の手掛かりの恩恵を享受していない。

その理由は、ADAクジラ以外の誰も売りを選択せず、弱気な雰囲気を作り出しているからだ。

カルダノのクジラ売りが弱気の波紋を広げる

カルダノの価格はこれまでも投資家の影響を受けてきたが、その影響力は現在ますます強くなっている。その最たる例がADAクジラによる最近の動きで、このアルトコインはまだ回復できていない。

1,000万から1億のADAを保有するアドレスは、5月末に1日で2億9,000万以上のADAを売却した。この1億3,000万ドル相当の供給は、おそらく利益を確保するためか、さらなる損失を防ぐためだったのだろう。

いずれにせよ、このような大規模なウォレットホルダーの売り買いは値動きの方向に影響を与えるため、売りに続いてADAが統合されたことは驚くべきことではなかった。

カルダノのクジラ売り。
カルダノのクジラ売り|サンティメント

しかし、これは変わる可能性があり、ディップを引き起こした投資家にもその力がある。本稿執筆時点で、ネットワーク上で取引を行っているアドレスは急増を記録している。

カルダノの参加者が増加していることは、資産にとってポジティブな兆候であり、需要の増加と流動性の向上につながる。しかし、さまざまな手掛かりが生まれることで、整理が進む可能性もある。さらに、参加者の増加と価格の下落または成長の鈍化が組み合わさると、両者の間に乖離が生じる。

カルダノアクティブアドレス。
カルダノのアクティブアドレス 出典:サンティメント

この乖離は売りシングルを点滅させる傾向があり、値動きにさらなる問題を引き起こす。

ADA価格予測:ブレイクアウトはしばらく先

カルダノの価格は2ヶ月間、対称三角形の中で動いていた。シンメトリカル・トライアングルは、一連のピークと谷を結ぶトレンドラインの収束を特徴とするチャートパターンである。

このパターンは一般的に、価格が既存のトレンドの方向にブレイクアウトする前の整理期間を示す。結果は強気である可能性が高いが、これは実質的な何か の前に、さらなる横ばいの動きを保証するものである。そのためには、まずADAが0.46ドルをサポートフロアとして確保する必要がある。

関連記事:カルダノ(ADA)価格予測 2024/2025/2030

カルダノ価格分析。
カルダノの価格分析|トレーディングビュー

前述の要因を考慮すると、弱気中立的な値動きは横ばいの動きを続ける可能性が高い。

しかし、0.46ドルがサポートフロアとしてTestされた場合、弱気テーゼは無効になる可能性がある。その結果、ADAは0.50ドル以上に上昇し、事実上、最近の損失をすべて解消する可能性もある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー