詳細を見る

リップルCEO、XRP、ソラナ、カルダノのETFを予見

8 mins

ヘッドライン

  • リップルCEO、XRP、ソラナ、カルダノの将来のETFを予測。
  • SECによるビットコインとイーサリアムのETFの承認は先例となる。
  • 新規ETFにとって、法的・規制的ハードルは依然として課題である。
  • promo

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは31日、暗号通貨リップル(XRP)ソラナ(SOL)カルダノ(ADA)が次に上場投資信託(ETF)が市場に登場する可能性があるとの考えを示した。

Consensus2024で講演したガーリンハウス氏は、米国証券取引委員会(SEC)によるビットコイン(BTC)ETFのスポット承認とイーサリアム(ETH)ETFの進展を受け、楽観的な見通しを語った。

XRP、ソラナ、カルダノは次のETFになるか?

ガーリンハウス氏の自信は、SECがビットコインとイーサリアムのETFを承認し、より多様な暗号資産ETFへの道を開く前例となったことに起因する。同氏は、この動きが金融業界における暗号通貨の受け入れと認知度を高めると見ている。

「時間の問題で、XRP ETFやソラナETF、カルダノETFが登場するのは避けられないと思います」とガーリンハウス氏。

同氏の見解は過去の発言と一致している。ガーリンハウス氏は2月、ビットコインETFの承認は暗号資産ETFがより広く受け入れられる始まりだと主張した。同氏は、このような金融商品は投資ポートフォリオの多様化とリスクエクスポージャーの低減に役立つと考えている。

他の業界専門家もガーリンハウスの熱意を共有しているが、どの暗号通貨が後に続くかについては意見が分かれている。デジタル通貨投資会社BKCMのブライアン・ケリー最高経営責任者(CEO)は最近、イーサリアムのETFを承認することで規制の枠組みが明確になり、ソラーナを含む暗号資産ETFが増える可能性があると示唆した。

しかし、XRP ETFへの道には独自の課題がある。リップル社はSECとの法廷闘争を続けており、当面の実現性に疑問符を投げかけている。暗号資産投資会社AsymmetricのCEOであるジョー・マッキャン氏は、これらの懸念を強調した。

「私はSolanaの大ファンだ。次のETFはソラナだと思います。Coinbaseの訴訟には、ETFに影響を与えるような文言もありますが、その可能性は低いと思います。XRPを見ると、SECとの歴史があります。だから、それが次に来るETFになるかどうかはわからない」とマッキャン氏はコメントした。

関連記事:暗号資産ETNと暗号資産ETF:その違いは?

マッキャン氏はまた、ソラナの伝統的金融(TradFi)セクターからの大きな関心を指摘した。同氏は、特にイーサリアムの以前の成長サイクルに乗り遅れた後、TradFi事業体がSolanaを有望な投資先として見ていると言及した。このセンチメントは、Solanaが次のETFの有力な候補であるという同氏の考えを補強している。

将来の暗号資産ETFを取り巻く規制上のハードルと懐疑論

こうしたポジティブなシグナルにもかかわらず、慎重な見方もある。JPモルガンのマネージング・ディレクター兼グローバル・マーケット・ストラテジスト、ニコラオス・パニギルツォグルー氏は、SECがビットコインとイーサリアム以外の暗号資産ETFを承認することに懐疑的な見方を示した。

「我々は疑っている。SECがETH ETFを承認するという決定は、イーサリアムを有価証券として分類すべきかどうかという曖昧さを考えると、すでに伸び悩んでいる。SECがビットコインとイーサリアム以外のトークンを有価証券に分類すべきという(イーサリアムに対する)強い意見を持っていることを考えると、ソラナや他のトークンETFを承認することでSECがさらに踏み込むとは思えない」とパニギルツォグロウ氏は述べた

Panigirtzoglou氏は、より広範なETFの承認には法改正が必要かもしれないと付け加えた。米国の政策立案者が、ほとんどの暗号資産が証券ではないことを明確にする法律を可決すれば、SECは他の暗号ETFを承認する傾向が強まるかもしれない。しかし、そのような規制はまだ整備される必要がある。

MohrWolfeのマネージング・パートナーであるフェリックス・モア氏も同様の意見を持っている。同氏は、ブロックチェーン・ベースの金融商品を発売する企業には強力な法的戦略が必要であることを強調し、特に米国では相当な法的リソースが必要であると指摘する。

「おそらく、ビットコインがコモディティかセキュリティーかが明確であるかどうかにかかわらず、ビットコインのブロックチェーンを中心に商品を構築する方がより賢明な道だろう」とモア氏はBeInCryptoに語った。

最近、イーサリアムETFのスポットが承認されたことで、暗号資産市場は活性化しているが、そのプロセスはまだ進行中だ。潜在的な発行体は、これらの商品が取引を開始する前にSECの最終承認を待っている。

イーサリアムETFが特に興味深いのは、イーサリアムがProof-of-Stake(PoS)メカニズムを採用しており、検証者がステーキング報酬を得ることができるからだ。当初、これらのETFの発行を申請する企業は、申請書にステーキング機能を盛り込んだ。

しかし、SECはこれらの企業に対し、ステーキング機能を除外するよう19-4bとS-1書類を修正するよう要請した。予備的承認の後、VanEckやBlackRockなどの企業はすでにS-1提出書類を更新している。

関連記事:LイーサリアムETFの投資方法を学ぶ

規制環境が進化し続ける中、新たな暗号資産ETFの可能性は依然として業界内で強い関心と憶測を呼んでいる。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー