詳細を見る

ブラックロックがS-1申請を更新、7月のイーサリアムETFスポットローンチへの期待が高まる

6 mins

ヘッドライン

  • ブラックロックがS-1申請書を更新、イーサリアムETFのスポット投資への期待を煽る。
  • 業界専門家、イーサリアムETFの申請更新後の7月ローンチを予測。
  • 専門家も、この動きをイーサリアムETFのスポット投資に対する規制の進展と見ている。
  • promo

資産運用大手ブラックロックは29日、米国証券取引委員会(SEC)へのS-1申請を更新した。これにより、イーサリアム(ETH)の上場投資信託(ETF)のローンチに向けて大きく前進した。

暗号資産コミュニティや専門家は、この更新をVanEckなど他の資産運用会社による同様の動きと足並みを揃えた重要なステップと見ている。

スポット・イーサリアムETFのローンチタイムラインに関する主要な業界の見解

更新された文書の中で、ブラックロックは、イーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の検証のためにETHを使用したり、そのような行為から収入を得たりする「ステーキング活動」に本信託が関与しないことを明言している。その結果、当信託はこれらの活動からステーキング報酬や収益を受け取ることはない。

「ステーキング活動からの潜在的なリターンを見送ることは、投資家が株式を保有する際にリターンの源泉としてのステーキングを放棄することにより、エーテルを直接購入し保有することによって得られたであろうものから、株式への投資が乖離する原因となる可能性がある」と更新された文書には書かれている。

関連記事:イーサリアムETFの投資方法を学ぶ

このスタンスは、VanEckの最近のS-1申請の更新を反映したものです。BeInCryptoは以前、VanEckがその関連団体のいずれもステーキング活動に参加しないことを明らかにしたと報告しました。これらの業界リーダーの積極的なアプローチは、SECの要件を満たし、イーサリアムETFのローンチを進めるための協調的な努力を示唆しています。

これとは別の動きとして、DTCC(Depository Trust & Clearing Corporation)は、フィデリティのスポット・イーサリアムETFをFETHというティッカーでウェブサイトに掲載した。DTCCによるこの上場は、暗号資産ETFの分野で今後提供される商品の正当性と期待感をさらに高めるものである。しかし、これらの有望な兆候にもかかわらず、正式なローンチはSECによるS-1フォームの承認が条件となっている。

それにもかかわらず、業界の専門家は、これらのローンチの潜在的なスケジュールに関する彼らの洞察を共有している。BloombergのETFアナリストであるJames Seyffart氏は、SECと発行体はイーサリアムETFのスポットローンチに向けて積極的に取り組んでいると述べ、楽観的な見方を示した。同氏によれば、S-1申請に関する現在の取り組みは、数週間以内にローンチが実現する可能性を示唆しているという。

「すでに1週間が経過した。しかし、通常は数ヶ月です」とセイファート氏は付け加えた

同じくブルームバーグのETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、この楽観論をさらに強めた。同氏は、6月末のローンチもあり得るとしながらも、より保守的な7月4日という予想を維持している。バルチュナスはまた、承認が早まる可能性についても言及したが、プロセスを早めるような大きな政治的推進力がない限り、その可能性は低いと判断した。

「良い兆候だ。良い兆候だ。おそらく、すぐに残りが承認されるだろう。その後、おそらく(SEC)スタッフから微調整のコメントがもう一回出されるだろう」とバルチュナス氏はした。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

このような動きが展開される中、金融と暗号資産コミュニティは、これらのETFが市場に与える潜在的な影響を予想し、注視を続けている。大手資産運用会社の協調的な取り組みとSECの関与は、イーサリアム投資ビークルにとって極めて重要な瞬間であることを示している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー