詳細を見る

規制上の課題とスポット・ソラナETFの可能性について専門家が議論

5 mins

ヘッドライン

  • 業界の専門家が、スポットETFの次の主要暗号資産としてのソラナの可能性について議論している。
  • ソラーナは現在、その安全保障上の分類のために規制上の課題に直面している。
  • 課題はあるものの、専門家はソラナETFの方が市場の需要があると見ている。
  • promo

SECがイーサリアム(ETH)のスポット上場ファンド(ETF)を承認する可能性に期待が高まる中、専門家はソラナ(SOL)のような他の暗号通貨が同様の評価を得る可能性に注目している。

業界のリーダーたちは、Solanaが暗号資産市場に大きな影響を与える可能性のあるスポットETFが導入される次の資産となるかどうかを議論している。

スポット・ソラナETFに関する業界の見解

デジタル通貨投資会社BKCMのブライアン・ケリー最高経営責任者(CEO)は最近のCNBC出演で、ソラナの可能性を強調し、ビットコイン、イーサリアム、ソラナが今サイクルのトップ3の暗号通貨であると指摘した。さらにケリー氏は、SECがイーサリアムETFのスポットを承認すれば、イーサリアムとより広範な市場に対してより明確な規制が提供されることになると示唆した。これは、Solanaを含む、より多くのスポット暗号資産ETFの承認につながる可能性がある。

関連記事:暗号資産におけるETNとETFの違いとは?

ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、ジェームズ・セイファート氏は、ケリー氏の推測に対して洞察を示した。セイファート氏は、ソラナが直面する規制上のハードル、特にSECが現在は証券として分類している点を強調した。

「CFTCが先物市場を規制するようになれば、数年以内に実現するだろう。しかし、議会とFIT21のような市場構造法案は、それをより早く実現する可能性がある。SOLのETFは、他のデジタル資産(BTCとETHは別として)に対して最も需要があると思う。しかし、SECはETHのようにSOLのステータスに踊らされてはいない。CoinbaseやKrakenなどに対するこれらの訴訟は、「Solanaは証券である」とはっきり言っている。つまり、これは非常に険しい道になる可能性がある」とセイファート氏は指摘する。

課題はあるものの、Seyffart氏はSolana ETFへの需要を認めた。しかし同氏は、市場の関心は低いものの、ライトコイン(LTC)が先にETFの承認を受ける可能性を示唆した。暗号資産ジャーナリストのローラ・シン氏は、ライトコインには「規制上の手荷物が少ない」かもしれないが、ソラナは使用法とファンダメンタルズの観点から理にかなっていると付け加えた

暗号資産コミュニティは、イーサリアムETFに関するSECの正式決定を待ち望んでいる。ETFアナリストのエリック・バルチュナス氏は、本日16:00頃に発表があるかもしれないと推測した。彼の予測は、1月にSECがビットコインETFのスポットを承認したタイミングに基づいている。

関連記事:イーサリアムETFの投資方法を学ぶ

市場が注視する中、ソラナやその他のスポットETFの可能性をめぐる議論は進化を続けており、暗号資産規制環境の複雑さと機会が浮き彫りになっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー