詳細を見る

イーサリアムETFが承認される可能性は75% – SEC転換の可能性

5 mins

ヘッドライン

  • アナリストがイーサリアムETFの承認確率を75%に引き上げ。
  • SECの提出書類更新の動きが業界の期待に火をつける。
  • アナリストの予測を受け、ETH価格は19.98%上昇。
  • promo

Bloomberg IntelligenceのETFアナリストらが20日、イーサリアムの上場投資信託(ETF)が承認される確率が高まっていると発表した。米国証券取引委員会(SEC)による規制当局の承認について楽観的な見方が再燃したもよう。

長引くイーサリアムETFのスポットにおける潜在的なブレークスルーを示唆している。

スポット・イーサリアムETF承認への新たな楽観論

Bloomberg IntelligenceのETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏とジェームズ・セイファート氏は20日、イーサリアムETFのスポット承認確率を25%から75%に引き上げると発表した。バルチュナス氏は、楽観的な見方を新たにした理由について、

「今日の午後、SECがこのますます政治的になっている問題に関して180度変わる可能性があるという話を聞いた。しかし、私たちは、例えば提出書類の更新があるまで、CAT75%を上限とします」とXに投稿している。

SECは、イーサリアムETFのスポット上場を希望する資産運用会社に対し、今週の期限を前に19b-4提出書類を更新するよう要請したと報じられた。この動きは、関係者が潜在的な承認を期待しているため、業界内の憶測と活動に火をつけている。

関連記事:イーサリアムETFの説明:その正体と仕組み

Balchunas氏はまた、ETF Storeのネイト・ジェラーチ氏の声明にも言及している。BeInCryptoは、ジェラー地氏が “SECは19b-4を承認し、その後S-1をスロー再生する “と予測したと報じた。

19b-4届出書は、スポットビットコインやイーサリアムETFのような新商品を証券取引所に上場させるために必要なルール変更を提案するものだ。一方、S-1登録フォームは、ファンドの構造、管理、投資戦略など、一般に提供される新しい証券に関する詳細な情報を提供する。発行体がETFを正式に市場に投入するためには、両方の書式について承認を得る必要があることに留意する必要がある。

しかし、セイファート氏は、VanEckのイーサリアムETFのスポット承認に言及した「19b-4 5月23日の期限」に対してのみ、その確率が高まっていると指摘した。

「S-1の承認、ひいてはイーサリアムETFの本番が見られるまでには、数週間から数カ月かかる可能性がある」とセイファート氏は付け加えた

Seyffart氏とBalchunas氏の両氏が過去数ヶ月間オッズを下げていたことを考えると、この展開は特に興味深い。さらに、資産運用会社VanEckのCEOであるJan van Eck氏を含む業界の著名人は、イーサリアムETFのスポット承認に悲観的な見方を示している。

このニュースを受けて、イーサリアム(ETH)の価格は大幅に上昇した。BeInCryptoのデータによると、ETHの価格は過去24時間で19.98%急騰した。本稿執筆時点では、ETHは現在3,676ドルで取引されている。

関連記事:イーサリアムETFの投資方法を学ぶ

ETH価格のパフォーマンス
ETH価格のパフォーマンス|BeInCrypto

市場の楽観論は、ポリゴン(MATIC)やオプティミズム(OP)を含むイーサリアムベータ(イーサリアムエコシステム下のアルトコイン)にも及んでいる。過去24時間、MATICとOPの価格はそれぞれ9.4%と19.7%上昇している。

全体として、承認の可能性が高まったことで、市場は新たな熱狂に包まれている。SECの決定が迫るなか、業界関係者は最新情報を注視している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー