詳細を見る

チェーンリンク(LINK)価格、10%下落後上昇トレンドへ

7 mins

ヘッドライン

  • チェーンリンクの取引量は時価総額以上に伸びており、ネットワークが過小評価されていることを示している。
  • 30日MVRVは、価格が短期的に17.70ドルから18.57ドルを視野に入れてバイアスを強化している。
  • 拒否されれば、LINKは174,000ドル以上の清算を強いられるかもしれない。
  • promo

チェーンリンク(LINK)は13日、16.21ドルまで急騰した。数時間後、価格は後退し、最初の高騰が誤ったブレイクアウトであったことを示唆した。

しかし、分散型オラクル・ネットワークのネイティブ・トークンへの関心は、過去24時間の取引高が4億5000万ドルを超えたことで高まった。

取引量は増加、ネットワークは過小評価される

この記事を書いている現在、LINK価格は15.55ドルで取引されており、過去7日間で10.65%下落している。水曜日にチェーンリンクが急騰したのは、消費者物価指数(CPI)の結果によるもので、インフレ率は予測された予測を下回った。

その結果、暗号資産市場(LINKを含む)全体が顕著な上昇を見せた。しかし、ビットコイン(BTC)が他のアルトコインと並んでこれらの利益の一部を消し去ったため、上昇は短命に終わった。

下落にもかかわらず、LINKは再び上昇トレンドを牽引する可能性のあるポジションに近づいているようだ。ネットワーク価値対トランザクション(NVT)比率はその証拠である。もう1つの証拠は、市場価値対実現価値(MVRV)比率に反映されている。

  • ネットワーク価値対取引(NVT)比率:この指標は、時価総額をオンチェーン取引量で割ったものです。この結果から、ネットワークが過小評価されているか、過大評価されているかを判断することができる。
  • 時価総額対実現価値(MVRV)比率:暗号通貨の市場価値と実現価値の比率。MVRVは、収益性のレベルを使用して、価格が局所的な頂点に達したか、または底に近づいているかを判断します。そのため、トレーダーは潜在的な蓄積と分配のレベルを見つけるために使用することができます。

関連記事:2024年注目のDePIN(分散型物理インフラネットワーク)とは?

Glassnodeのデータによると、ChainlinkのNVTレシオは93.04に低下しました。通常、NVTレシオが高いということは、時価総額が取引量の伸びを上回っていることを意味します。多くの場合、これはネットワークが過大評価されていることを意味し、トークンのプレミアム価格と一致します。

チェーンリンクの割安ネットワーク
チェーンリンク・ネットワークの取引額に対する価値比率 出典:グラスノード

しかし、LINKでは比率が低いため、取引量はプロジェクトの時価総額を上回っている。したがって、ネットワークが効率的に多くのトランザクションを処理しているため、トークンは過小評価されている。

チェーンリンクは購入のチャンスを提供する

さらに、Santimentが提供したオンチェーンデータによると、30日間のMVRV比率は-9.02%であった。このマイナスの数値は、LINKホルダーが現在の価格で売却した場合、平均リターンが前述の地域前後の損失になることを意味する。

しかし、過去のデータは、この下落が市場参加者にとってLINKを安値ですくい上げるチャンスゾーンかもしれないことを証明している。

下のチャートが示すように、MVRVレシオが-6%から-21%の間でクローズすると、LINKの価格は跳ね返される。例えば、トークンの価格は2週間足らずで12.96ドルから18.77ドルに上昇した。これは5月15日から28日の間に起こった。開始時、チェーンリンクのMVRVレシオは-6.45%だった。

チェーンリンクの価格は過小評価されている
チェーンリンク30日MVRVレシオ:サンティメント

もう一つのシナリオは4月に発生し、この指標は-21.37%だった。この間、LINKは13.08ドルから15.62ドルになった。

過去の分析とLINKの現状を考慮すると、値上げが近いかもしれないという言及は、あながち的外れではない。検証されれば、LINKの価格はゆっくりとチャートを上昇するだろう。さらに、1~2週間以内にトークンを17.70ドルに導くかもしれない。

非常に強気な市場環境では、LINKの価格は18.57ドルを超えて上昇する可能性がある。しかし、清算ヒートマップからの示唆はこの予測を無効にするかもしれない。

  • 清算ヒートマップ:このインディケータは、大規模な清算がどこで発生するかを予測 する。トレーダーは、ヒートマップを使用して流動性の高いエリア (通常は黄色で着色) を特定できます。さらに、潜在的な高流動性エリアの集中は、その地域に向かって価格を引き寄せることができます。

Coinglassによると、磁性流動性ゾーンは$15.04に存在し、上昇トレンドが拒否された場合、LINKの価格はその領域まで下落する可能性があることを示唆しています。

チェーンリンク (LINK) 価格下落の可能性
チェーンリンク清算ヒートマップ:コイングラス

この時点で、強気派は174,610ドルを失うことになる。このような損失を避けるために、トレーダーは潜在的な清算価格より上にかなりの損切りターゲットを設定する必要があるかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

img_3173.jpg
Victor Olanrewaju
ビクター・オランレワジュ(Victor Olanrewaju)はBeInCryptoのテクニカル・アナリスト兼オンチェーン・アナリストで、同氏は一般に暗号クジラとして知られる中・大規模投資家の活動を監視し、ビットコイン、Solana、XRP、Cardano、Toncoinなどのアルトコイン、Dogecoin、Shiba Inu、Pepeなどのミームコインなど、多様な暗号通貨の投資動向を探知している。さらに同氏は、Tap-to-Earnゲーム、AIトークン、リアルワールドアセット(RWA)などの新たなトレンドもカバーしている。BeInCrypto入社以前は、AMBCryptoとCoin Editionでアルトコインの市場分析と技術評価を行い、暗号通貨投資家の行動とセンチメントを包括的に把握するためにオンチェーン分析ツールを採用した。同氏はイバダダン大学で物理学の学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー