詳細を見る

ホスキンソン氏、カルダノに関する偏向報道を批判

5 mins

ヘッドライン

  • カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、同氏がブロックチェーン・ネットワークの進展について不公平な報道をしていると考えていることに不満を表明した。
  • 同氏は、公正な報道を保証するために、カルダノ財務省が資金を提供する非営利のメディア分散型自律組織を創設することを提案した。
  • 批評家たちは、このネットワークは "ゾンビ・チェーン "だと主張するが、支持者たちは、このネットワークは技術的に進歩し、拡大していたと反論している。
  • promo

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は9日、同氏がブロックチェーン・ネットワークについて不公平なメディア報道だと感じていることに不満を表明している。

同氏は最近のXへの投稿で、カルダノの能力と世間一般の認識との間の断絶を強調した。

ホスキンソン氏、カルダノのメディア報道を嘆く

ホスキンソン氏は、ここ数ヶ月の間に数多くのポジティブな進展があったにもかかわらず、メディアや暗号資産インフルエンサーはカルダノを失敗作として執拗に描写していると指摘した。同氏はこのシナリオを批判し、今後のハードフォークを含む最近のエコシステムの進展を強調した。ホスキンソンはさらに、カルダノは今後も繁栄し、ソリューションを提供し続けると主張した。

“それは哀れを通り越して、彼らが私たちのエコシステムに注いだ低品質と低労力を反映しているだけです。カルダノは、私たち全員が直面している現実世界の経済的、政治的、社会的な問題を解決するために必要であれば、この業界を蹴飛ばし、叫び声を上げながら引っ張っていくジャガーノートです」とホスキンソン氏は語った

ホスキンソンは、このような偏見に対して、非営利のメディア分散型自律組織(DAO)の創設を考えている。ホスキンソンは、このDAOは暗号資産内の公正な報道を確保することに焦点を当てると述べた。

そこで同氏は、カルダノ財務省をDAOの資金源とすることへのコミュニティの支持を測るため、X上で投票を開始した。注目すべきことに、回答者の70%がこの動きに賛成しており、投票は7月13日までに終了する予定である。

一方、ホスキンソン氏がカルダノの批判に対処するのは今回が初めてではない。このブロックチェーンは、イーサリアムやソラナといった同業他社に比べて期待に応えられていないという批判や、ADAトークンの価格低迷に対する不満に直面してきた。

今年初め、フォーブスはカルダノを「ゾンビチェーン」リストに含め、ネットワークの価値は主にホスキンソンの人気によってもたらされていると主張した。さらに、カルダノは分散型金融(DeFi)での採用が限定的で、そのDEX取引量は市場のわずか0.04%に過ぎない。

とはいえ、カルダノはその技術的進歩を強調し続けている。このネットワークは研究開発のスケーリングの最前線にあり、最近ではアルゼンチンの州と提携して暗号資産の導入を促進している。

関連記事:カルダノ(ADA)の価格予測 2024/2025/2030

カルダノの開発
カルダノの発展|インプット・アウトプット

また、2024年後半には大規模なハードフォークが行われる予定だ。さらに、カルダノを運営するインプット・アウトプット社によると、開発者は現在、ブロックチェーン上に1,362のプロジェクトを構築しており、約9,200万件のトランザクションを処理している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー