詳細を見る

南米暗号資産ニュースまとめ:エルサルバドルがBTCで3周年、カルダノがアルゼンチンに進出、BTRが閉鎖

11 mins

ヘッドライン

  • BeInCryptoの包括的なラタム暗号資産ラウンドアップは、ラテンアメリカ全域からの最新ニュースとトレンドをお届けします。
  • 今週は、エルサルバドルのビットコイン採用記念日、カルダノとアルゼンチンの提携などを取り上げる。
  • ラテンアメリカの暗号資産シーンが成長するにつれ、これらのストーリーは世界市場におけるこの地域の影響力の高まりを浮き彫りにしている。
  • promo

今回は、ラテンアメリカの重大ニュースやトレンドをお届けする。ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどのレポーターとともに、この地域の暗号資産シーンの最新情報とインサイトをカバーしている。

今週のは、エルサルバドルのビットコイン採用記念日、カルダノ財団とアルゼンチンのエントレ・リオス州との提携などの記事が含まれている。

エルサルバドル、ビットコイン採用3周年を祝う

エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領は2021年6月、、ビットコインを法定通貨として採用する計画を発表した。9月7日、同国は世界で初めて「ビットコイン法」を正式に制定し、BTCを法定通貨とした。

現在、ビットコインが法定通貨となっているのはエルサルバドルだけだ。過去3年間、ビットコインの価値は大きく変動し、3月に史上最高値の7万3,079ドルを記録した後、2022年末には16,464ドルまで下落した。

ビットコインを採用して以来、エルサルバドルには4億1100万ドル相当の5772.76BTCが蓄積されている。さらに、ブケレ大統領は2期目の再選に勝利し、引き続き国を率いている。

エルサルバドルBTC残高
エルサルバドルのビットコイン残高 出典:bitcoin.gob.sv

パラグアイ下院議員、ビットコインマイニングを規制する法案を提案

パラグアイの副議長マリア・コンスタンシア・ベニテス・デ・ベニテスは、パラグアイでのビットコインマイニングを規制する法案を提出した。パラグアイ共和国におけるクリプトマイニングを規制するもの」と題されたこの提案は、暗号通貨マイニングのための安全な法的・経済的環境を構築することを目的としている。

ベニテス氏は、マイニングが国の経済発展を後押しする可能性があると強調した。法案は、パラグアイの水力エネルギー生産能力をマイニング事業に活用できることを強調している。

法案は下院に提出された。今後、経済・金融、立法・成文化、産業・商業・観光、予算、麻薬取引防止、科学技術、エネルギー・鉱業など複数の委員会で審議される。

関連記事:暗号資産マイニングは稼げるのか

南米取引プラットフォーム大手BTR、ユーザーからの違法連鎖販売疑惑で閉鎖

BTR暗号資産取引プラットフォームが運営を停止したとされ、ユーザーから終了詐欺の非難が巻き起こっている。当初は一時的な不具合と見られていたものが、瞬く間に重大なスキャンダルに発展した。

ベネズエラをはじめとするラテンアメリカの投資家たちは、BTRプラットフォームに多額の資金を託していた。今、彼らは不安定な状況に陥っている。

多くの投資家は、高いリターンの約束とプロジェクトの安定性に惹かれた。しかし、BTRの管理者の透明性の欠如と回避的な対応は、意図的な出口詐欺の疑惑を煽っている。

“#BTR “マルチ商法は崩壊した。ユーザーからの報告によると、ウェブサイトへのアクセスはなくなり、出金もなく、CEOからの公式発表もない」とベネズエラの偽名トレーダーは語った

関連記事:注意すべき最も一般的な15の暗号資産詐欺

BTR利回り
BTRプラットフォームが約束した利回り。ソースX/@RoamingVzla

メキシコのBitcoin Embassy Barが7月に閉鎖、暗号資産ネットワーキングの遺産を残す

ブロックチェーンプロジェクトとビットコインのイニシアチブの中心的なハブであったBitcoin Embassy Barが、7月末にその扉を閉じる。この場所は、メキシコの暗号資産コミュニティにとって、ネットワークとコラボレーションのための理想的なスペースだった。

バーの創設者であるロレーナ・オルティスは、今年初めに直面した健康上の問題が閉店の理由であるとソーシャルメディアで発表した。しかし同氏は、物理的な場所は閉鎖するものの、「Bitcoin Embassy Bar」のコンセプトは存続していることを強調した。

コミュニティは迅速に反応し、暗号通貨について人々を教育するためのバーの努力を賞賛した。多くの人が、消費者として、また会場での出展者としての経験に感謝の意を表した。また、ビジネス面やコンセプトの復活を楽観視し、プロジェクトの継続を奨励する声もあった。

関連記事:Web3時代のコミュニティ「DAO」の参加方法と有名DAO

カルダノ財団、アルゼンチンのエントレ・リオス州との提携を締結

カルダノ・ブロックチェーンの普及と発展を目的とする非営利団体であるカルダノ財団は、アルゼンチンのエントレ・リオス州と提携した。ブエノスアイレスのエントレ・リオス・ハウスで署名されたこの協定は、3月にカルダノ財団の代表団が同州を訪問したことから始まった両者の協力関係のマイルストーンとなる。

アントレ・リオスは、同地域におけるブロックチェーン技術の導入を主導する重要な司法管轄区として選ばれている。この合意には、初期段階におけるデジタルIDソリューションの推進と、Web3の知識へのアクセスを促進する計画が含まれている。この共同イニシアチブは、分散型技術を基盤として、アントレ・リオスのプロセスを近代化し、デジタル化するための重要な取り組みである。

アルゼンチンのカルダノ
カルダノ財団、アルゼンチンのエントレ・リオス州とのパートナーシップを締結出典カルダノ

ジャック・モラーズCEO、エルサルバドルへの投資拡大へ

決済プラットフォームStrikeのジャック・マラーズCEOは、エルサルバドルへの投資を拡大する計画を発表した。昨年、ストライクは本社をエルサルバドルに移し、ビットコイン決済を65カ国に拡大した。

マラーズ氏はエルサルバドルの改善を指摘し、同社がより多くの地元プロジェクトを支援し、同国の暗号資産エコシステムを強化する意向を表明した。”エルサルバドルが変わるほどシカゴは変わらない “と述べた。

同氏は、エルサルバドルへの投資は、技術であれ土地であれ、どの分野においても「良い投資」であると強調した。ストライクはデジタル・アセット・プロバイダーとしてのライセンスを取得しており、その製品とサービスに対して政府の支援を受けている。

「この国は素晴らしい。戻ってきて、すべての変化を目の当たりにするのは素晴らしいことです。私たちはエルサルバドルが良くなっているのを見て、もっと投資してこの国を支援し、利益をもたらしたいのです」とマラーズは語った。

ラテンアメリカの暗号資産シーンが成長するにつれ、これらのストーリーはこの地域が世界市場で影響力を増していることを浮き彫りにしている。エルサルバドルの爆発的なビットコイン経済からアルゼンチンの新たなパートナーシップまで、ラテンアメリカは自らを技術世界の重要なプレーヤーとして位置づけている。来週のラウンドアップでさらなる最新情報と洞察をお届けします。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

b89964d5d1b8350ba844c260d4714556.jpg
Daria Krasnova
ダリア・クラスノヴァは8年以上の執筆・編集経験を持つベテラン編集者。取引所やETFプロバイダーを含む大手企業や革新的な新興企業の両方と協力してきた。ダリアは、ブロックチェーン技術が金融システムと私たちの日常生活にポジティブな影響を与えることを固く信じている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー