詳細を見る

エルサルバドルのブケレ大統領が2期目、ビットコインによる経済変革を公約

4 mins

ヘッドライン

  • ナイブ・ブケレ大統領は、エルサルバドルの2期目の任期を、同国の経済的課題に取り組むというコミットメントでスタートさせた。
  • アーク・インベストのCEO、キャシー・ウッドは、ブケレのBTC推進戦略により、5年以内に同国のGDPが10倍になると予測している。
  • エルサルバドルは、過去数年間のビットコイン投資で7000万ドル以上の未実現利益を手にしている。
  • promo

エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領が1日、サンサルバドルの国立宮殿で2期目の任期について所信表明演説を行った。

演説の中で42歳の大統領は、中米諸国の経済的課題に取り組むため、断固とした行動をとることを誓った。この公約は、最初の任期中にギャングの暴力に取り組んだ成功に続くものである。

エルサルバドル経済はビットコインでどう拡大するか

多くのサルバドル国民は、同氏が再選の公約である「繁栄の時代」の到来を、親ビットコイン政策によって実現すると楽観視している。最近ブケレ大統領と会談した後、ARK InvestのCEOであるCathie Wood氏は、彼がビットコインと人工知能に注力しているおかげで、エルサルバドルのGDPは今後5年間で10倍になる可能性があると予測した。

「ブケレ大統領は、エルサルバドルをビットコインとAIのコミュニティのオアシスにする決意を固めており、この2つは史上最大の経済・技術革命である。

ブケレ大統領のシニア・ビットコイン・アドバイザーであるマックス・カイザーは、同国がこの成長を達成する方法を概説した。同氏は、エルサルバドルが負債を持たず、火山の地熱エネルギーを利用して世界のビットコインハッシュレートの10%を生成する、循環型ビットコイン基準で運営されることを想定している。

「この国の富は、サルバドル人が自分たちのビットコインノードを運営することでコントロールされる。中央銀行家は権力を持たず、IMFはとっくに消滅しているだろう」とカイザー氏は付け加えた

関連記事:最初の暗号通貨「ビットコイン」の思想とその始まりとは?

エルサルバドルのビットコイン投資。
エルサルバドルのビットコイン投資|出典:ナイブトラッカー

ブケレ氏は業界の多くから「初代ビットコイン大統領」と呼ばれている。同氏は2021年、歴史的な “ビットコイン法 “を成立させ、ビットコインを法定通貨とした。それ以来、国民は商品、サービス、税金にビットコインを使えるようになった。さらに、市民権パスポート・プログラム、マイニング、地元企業のためにビットコインを米ドルに変換する政府サービスなど、さまざまなサービスを通じて、国家は主要なデジタル資産を獲得している。

すでに、ブケレ大統領のイニシアチブは国の経済を大きく後押ししており、BTCの国庫は7000万ドル以上の含み益を示している。

実際、他の国も注目し、この成功を再現する方法を模索している。先週BeInCryptoは、アルゼンチンの高官がサルバドルの高官と会談し、エルサルバドルで使用されているビットコイン規制戦略について議論したと報じた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー