詳細を見る

エルサルバドルのビットコイン ‐ 変化の3年間を振り返って

5 mins

ヘッドライン

  • 2021年、エルサルバドルはビットコインを法定通貨とし、歴史的な動きと経済の大きな変化を示した。
  • 政府はビットコインの購入と保有を続けており、現在4億1100万ドル以上を保有している。
  • ビットコインの経済への統合には、日常的な使用と暗号資産投資のインセンティブが含まれる。
  • promo

3年前、エルサルバドルでビットコイン(BTC)を法定通貨にするというナイブ・ブケレ大統領の決定は、世界中で大きな話題となった。2021年9月7日、「ビットコイン法」が施行され、エルサルバドルはビットコインを公式通貨として採用した最初の国となった。

それ以来、同国は経済的、社会的に大きな変化を経験し、この大胆な動きがもたらす影響と可能性を浮き彫りにしている。

ビットコインの価値の上昇と下降:エルサルバドルへの影響

エルサルバドルのビットコイン受け入れは、課題と成功が混在している。同国は現在、4億1,100万ドル以上のビットコインを保有し、5,772 BTC以上のポートフォリオを保有している。

エルサルバドルのビットコイン保有量
エルサルバドルのBTC保有量|エルサルバドルのメンプール

ナイブ・ブケレ大統領は最近2期目を宣誓し、彼の親ビットコイン姿勢を強化した。同国はビットコインの購入を続けており、月に最大30BTCを取得している。5月の時点で、エルサルバドルはビットコイン投資から7000万ドル以上の含み益を得ている。

「視野を狭めないようにしよう。ここで私たちは単に国を変えているのではなく、パラダイムを変えているのです。私たちはすでに、誰もが想像した以上のことを成し遂げています。他の人たちも、私たちが今持っているものを手に入れたいと思うでしょう」と、ブケレは再選の際に宣言した。

暗号資産市場の乱高下にもかかわらず、エルサルバドル政府はビットコインへの支持を揺るぎないものとしている。政府はビットコインの保有を維持し、一貫して投資を行っている。さらに、エルサルバドルはこの資産を経済の様々なセクターに統合し続けている。

例えば、サルバドルの市民は、商品やサービス、税金の支払い、さらには公式のChivoウォレットを通じてBTCを使用することができます。政府はまた、市民権やマイニングサービスのパスポートなど、暗号資産投資を誘致するための政策やインセンティブを実施している。

エルサルバドルは火山エネルギーを利用したビットコインマイニングにも投資している。テカパ火山にある国営プラントでは、国の地熱資源を活用して約300台のプロセッサーを稼働させている。この投資は、ビットコインの採掘難易度が史上最高値に達したときに行われ、国の革新的なアプローチを浮き彫りにしている。

最近の動きは、エルサルバドルのビットコインの歩みをさらに強化している。まず、2024年1月に初のビットコインスポット上場投資信託(ETF)が承認されたことで、BTCの価格はわずか数カ月で41,670ドルから70,000ドル以上に上昇した。

続きを読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

さらに、4月20日の4回目のビットコイン半減期では、マイニング報酬が1ブロックあたり6.25BTCから3.125BTCに引き下げられ、BTCの価格と収益性が高まる可能性がある。専門家の予測では、ビットコインは年内に100,000ドルまで上昇し、2025年には150,000ドルに達するとの見方もある。このような成長は、エルサルバドルのBTC利益を大幅に押し上げる可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー