詳細を見る

カーブファイナンス、ステーブルコイン「CurveUSD」をローンチへ

4 mins

ステーブルコインのスワップに特化した分散型取引所(DEX)を提供するカーブファイナンスは4日、イーサリアムメインネットで独自のネイティブステーブルコイン「crvUSD」をデプロイした。

ブロックチェーンエクスプローラーのEtherscanによると、合計2200万ドル(約29億円)のcrvUSDが5分以内に発行。なお、crvUSDはCurveの公式ウェブサイトに登場するまで一般ユーザーはまだ利用できないとのこと。発行されたcrvUSDはフラックスファイナンスにステークされたFRXETHが担保になっているとのこと。CurveのガバナンストークンCRVは、この発表を受け、6.2%上昇した。Curveは、ステーブルコイン市場の大手であり、プロトコル上に約50億ドルの資産を持っている。

crvUSDは担保付きの暗号資産によって支えられた過剰担保付型ステーブルコインで、価格は1ドルに連動している。crvUSDは競合他社と異なり、価格変動に応じてユーザーの担保を常に再バランスするLLAMAというアルゴリズムを採用。crvUSDを支える担保のETHの価値が清算価格に近づくと、プロトコルはそのETHを徐々にステーブルコインに変換。その後、ETHの価格が上昇すると、資産は再びETHに変換される仕組みだ。これは、MakerDAOのDAIやAaveのGHOと類似する仕組みで、ミントとバーンのメカニズムを使ってcrvUSDの供給を管理する。

加えて、ユーザーは、担保付き債務ポジション(CDP)を使って、暗号通貨をCurveのスマートコントラクトに担保として預けることで、crvUSDを作成できる。ユーザーは流動性にアクセスし、同時に預金の利回りを得ることが可能だ。借り手が債務ポジションを解消して担保を取り戻すと、CurveはcrvUSDをバーンする。

カーブファイナンスとは?

カーブファイナンスは分散型取引所(DEX)を提供するプラットフォームで、イールドファーミングを通して収益を得られる。主にステーブルコインペアの交換に特化し、低スリッページと手数料で効率的な取引を実現している。これにより、ユーザは迅速かつ安全な暗号通貨の交換が可能となる。

  • スリッページとは、取引の注文価格と実際に約定される価格の差を指す
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー