詳細を見る

暗号資産市場、米インフレ統計前の不透明感が高まり下落

5 mins

ヘッドライン

  • 米インフレ報告への期待から暗号資産市場のボラティリティが上昇。
  • FRBは経済困難の中で利下げ幅の縮小を示唆する可能性がある。
  • 市場の不透明感が高まる中、ビットコイン、イーサリアム、ソラナが下落に直面。
  • promo

米連邦準備制度理事会(FRB)が今週、最新の経済予測を発表する準備を進めているため、暗号資産市場は大きな変動に見舞われている。

成長が鈍化しているにもかかわらず、市場ウォッチャーや投資家は、これらの予測では利下げが少ないと予想している。

JPモルガンとシティは7月の利下げ予想を断念

パウエルFRB議長は、実際の結果は異なる可能性があると警告している。予想外の経済状況がFRBの最近の予測に疑問を投げかけている。

2022年と2023年に積極的な利上げを実施した後、主要なインフレ指標は堅調に推移しているが、経済リスクはより微妙なものとなっており、データはしばしば矛盾している。例えば、5月の米企業の雇用者数は27万2,000人増加し、賃金は年率4.1%上昇した。しかし、失業率は4%に上昇した。

「FRBは5月1日の前回会合後「ここ数カ月、FRBが目標とするインフレ率2%に向けた進展が見られない。

その結果、FRBはインフレ率が大幅に改善するまで利下げには慎重だ。政策立案者たちは、厳しい金融政策なしにインフレ率が2%の目標を達成できるかどうか疑問視している。FRBの利下げアプローチは、最近利下げを行った欧州中央銀行(ECB)やカナダ中央銀行(BoC)のようないくつかの世界的なカウンターパートとは対照的である。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のニック・ティミラオス記者によると、JPモルガンとシティグループは先週金曜日の雇用統計後、7月の利下げ予想を断念したという。

「ほとんどのセルサイドのエコノミストやプロのFRBウォッチャーは、9月か12月に今年1回か2回の利下げを予想している。

JPモルガンやシティグループに加え、様々な金融機関が2024年のFRB利下げ予想を発表している。ほとんどの予想では、最初の利下げは早くて9月、遅くて12月となっている。

様々な金融機関からのFRB利下げ期待。
様々な金融機関によるFRB利下げ予想|出典:X/NickTimiraos

FineqiaのリサーチアナリストであるMatteo Greco氏は、BeInCryptoの取材に対し、このような現状についての見解を述べた。同氏によると、金融政策が緩やかであることは、一般的に株式や暗号通貨のようなリスクオン資産にとって好都合だという。これは、利下げが差し迫った景気後退を予感させない場合に特に関連する。

同氏は、「この場合、インフレ率が目標を上回っているにもかかわらず、中央銀行が利下げを決定したことは、インフレを管理し、より拡張的な金融政策を行ってもインフレを望ましい水準近くに維持するという楽観論を示唆している」と指摘した。

本稿執筆時点では、ビットコイン(BTC)は6万7482ドルで取引されており、過去24時間で2.8%下落している。一方、イーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)といった主要アルトコインは同期間に3.9%、3.4%減少した。暗号資産時価総額は現在2兆5900億ドルで、同期間に2.7%減少した。

関連記事:インフレが進む中、退職後に対処する7つの方法

実際、こうした動きは暗号資産トレーダーや投資家にとって極めて重要だ。金利に関するFRBの決定は、市場の流動性、借入コスト、全体的な経済状況に直接影響を与え、これらすべてが暗号資産市場のダイナミクスに影響を与える。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー