詳細を見る

今週の暗号資産トップニュース:FOMC、トークン合併、エアドロップ、リキッドステーキングなど

9 mins

ヘッドライン

  • 6月12日のFOMCは市場動向とビットコイン価格に影響を与えるだろう。
  • Fetch.AI、Ocean Protocol、SingularityNETは統合トークンになる。
  • zkSyncはv24のアップグレードが完了した後、ZKトークンをローンチすると伝えられている。
  • promo

今週は、いくつかの重要なイベントが暗号資産市場に影響を与えようとしている。FOMC、主要トークンの合併、エアドロップ、リキッドステーキングの新展開など、暗号資産市場は期待に沸いている。

投資家や市場ウォッチャーは、これらのイベントが市場力学や資産価格に与える潜在的な影響を測るために、注意深く監視している。ここでは、今後の展開について詳しく見ていこう。

Fjord FoundryのSolanaでのローンチ

Fjord Foundry (FJO)は10日、Solana上で稼働を開始する。このプロジェクトは、プロジェクトと熱心な支援者をつなぐコミュニティに焦点を当てたプラットフォームだ。Liquidity Bootstrapping Pools (LBPs)を含む様々なトークンセール方法を提供している。

今回のローンチは、初の非EVM統合を意味し、電光石火の取引とソラナ・エコシステム・プロジェクトへのアクセスを約束する。このプラットフォームは、アーリーステージの機会へのアクセスを民主化することを目的としており、プロジェクトにシームレスな流動性ブートストラップを提供する一方、支援者には有望なアーリーステージ投資の数々を提供する。

関連記事:仮想通貨ソラナ(SOL)をステーキングして報酬を得る方法

連邦公開市場委員会(FOMC)会合

6月12日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、米国経済の状況を評価し、フェデラルファンド金利に関する重要な決定が下される。インフレ抑制のための一連の利上げ後、FRBは2023年7月以降、金利を据え置いている。

今週は米消費者物価指数(CPI)が発表される。コンセンサスではCPIは3.4%にとどまると予想されているが、逸脱があればビットコイン価格に大きな影響を与える可能性がある

したがって、この会議の結果は暗号資産を含む様々な金融市場に影響を与える可能性が高い。10x Researchの暗号資産アナリストMarkus Thielen氏は、現在の状況について洞察を示している。

“CPIが3.3%(またはそれ以下)で印刷された場合、ビットコインはブレイクアウトを試みる可能性がある。CPIが3.5%以上で印刷された場合、ビットコインは今後数週間で修正される可能性が高い(私たちのベースケースではない)。同氏は「ビットコイン価格の上昇にバイアスをかけることに変わりはない」と指摘した。

FET、OCEAN、AGIXトークンの合併

先週初め、SingularityNET(AGIX)はFetch.AI(FET)およびOcean Protocol(OCEAN)と合併し、Artificial Superintelligence Alliance(ASI)を設立すると発表した。この合併により、3つのネットワークは1つのAIネットワークに統合され、合計時価総額は75億ドルを目指す。

6月11日付でFETはASIに改名され、トークンの合併は6月13日に完了する。FET、AGIX、OCEANのトークン保有者は、特定の交換レートでトークンをASIに交換することができる:

  • FETは1:1
  • AGIX:1:0.433350
  • OCEANは1:0.433226。

この合併は、より強力でスケーラブルなAIエコシステムを構築し、構成するトークンの価値と有用性を高めることを目的としています。監査済みの安全なトークン移行契約により、20万人を超えるトークン保有者の転換が促進され、新しいASIトークンへのスムーズな移行が保証される。

スタークネット(STRK)とその他の主要暗号資産トークンのアンロック

6月15日、Starknetは6,400万STRKトークン(約7,232万ドル相当)のロックを解除する。Starknetはこれらのトークンを投資家と早期貢献者に配布する。

このトークンのアンロックは、ネットワークへの参加と成長を奨励するスタークネットの広範な戦略の一環である。これらのトークンのリリースは市場に新たな流動性をもたらし、STRKと関連資産の価格ダイナミクスに影響を与える可能性があります。

STRKトークンのロック解除
STRKトークンのアンロック 出典:トークン・アンロック

Starknetの他にも、Aptos (APT)、ImmutableX (IMX)、ApeCoin (APE)などの暗号資産プロジェクトが今週、それぞれのネイティブトークンを大量にアンロックする予定だ。今週の主要暗号資産トークンのアンロックに関する詳細情報については、この記事に詳細を記した。

zkSyncトークンのローンチとエアドロップの可能性

zkSyncは、先日のv24アップグレード完了後、ZKトークンをローンチする予定です。先週、zkSyncはv24アップグレードのメインネット展開が完了したと発表しました。

zkSyncチームが6月末までに「残りの欠けている部分」をローンチすることをX上でほのめかしたとき、憶測が生じました。暗号資産コミュニティは、ミッシング・ピースとはトークンのローンチとエアドロップのことだと考えていた。

最近の報告によると、zkSyncはトークン生成イベント(TGE)を5月下旬に計画しており、トークンのローンチとエアドロップはTGE後30日以内に行われる予定である。トークンの総供給量は210億トークンとなり、エアドロップは6月26日のBlastのトークンのエアドロップに先駆けて、6月13日頃に行われる可能性が高い。この開発は、ネットワーク・ガバナンスをコミュニティに移行する前に予定されている最終的なプロトコルのアップグレードを意味する。

関連記事:ガス代が安価で高速な分散型取引所ZKSwapとは

pSTAKEのビットコイン向けリキッドステーキング

投資家は、BabylonのBTCステーキング・プロトコルの上に構築された、pSTAKEによるビットコイン(BTC)のリキッド・ステーキング・ソリューションの開始も楽しみにしています。この新機能により、ビットコイン保有者は流動性を維持しながら、遊休資産で報酬を得ることができるようになります。5月中旬に発表されたリキッドステーキングのためのBTCデポジットは、ビットコインホルダーが利回りを得るための新たな手段を提供し、間もなくライブになる見込みです。

これらのイベントは暗号資産市場にとって重要な週となった。規制の決定や技術の進歩から画期的な金融商品に至るまで、各開発は市場のセンチメントや資産評価を変化させる可能性を秘めている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー