詳細を見る

暗号資産クジラ、市場暴落前に保有株を売却

4 mins

ヘッドライン

  • 複数の機関投資家が戦略的にイーサリアム(ETH)を売却し、その総額は1億600万ドルに上った。
  • カンバーランドや破産したFTX/アラメダ・エステートなどの有名企業が売却に参加していることが確認された。
  • ビットコインは約68,000ドルまで下落した価格からわずかに反発したものの、そのボラティリティは時価総額の減少につながった。
  • promo

ビットコインとアルトコインは14日、過去24時間で大きな変動に見舞われ、暗号資産全体の時価総額は約8%減となる2兆5300億ドルと下落した。

この急激な市場変動は、多くの個人トレーダーを驚かせたが、オンチェーン・データのインサイトによれば、暗号資産クジラとして知られる特定の大口投資家が下落を予見し、保有資産のかなりの部分を売却したことが明らかになった。

暗号資産クジラ、保有資産を売却

オンチェーン・アナリストは、複数の機関投資家が市場低迷時に保有資産の一部を戦略的に売却したことを報告した。4人の暗号資産クジラが合計で3万1,683ETH(約1億600万ドル相当)を売却した。

特定された暗号資産クジラの中には、カンバーランド、破産したAlameda/FTXエステートに関連するアドレス、2つの非公開アルトコインウォレットなどの著名な事業体が含まれていた。

著名な機関投資家向け暗号資産投資会社であるカンバーランドは、さまざまな取引所に1万7,206ETH(5,730万ドル相当)を預けていた。一方、’0xC3f8’と’0x1717’という2人の暗号資産クジラは、それぞれ7,976ETH(2,660万ドル相当)と4,000ETH(1,332万ドル相当)をBinanceや他の取引所に移動させた。

同様に、FTX/Alameda団地は約833万ドル相当の2,500ETHを移した。興味深いことに、破綻した取引所が大幅な売り越しの前に効果的に市場のタイミングを計ることができたのは今回が初めてではない。

「3月1日以来、FTXとAlamedaは5,800万ドル相当の1万5,850 ETHをおよそ3,659ドルで集中型取引所に預け入れ、劇的な価格変動はその後に続く傾向があった」とブロックチェーン企業のSpotOnChainはXに投稿した。

FTX暗号資産販売
FTX暗号資産販売|出典:SpotOnChain

これらの重要な取引活動は市場にさらなる売り圧力をかけ、下落の一因となった。報告期間中、BTCの価格は急落し、65,100ドルまで急落した。

主要暗号通貨であるBTCは、報道時は6万8,000ドル前後と若干反発したものの、その変動により時価総額は1.3兆ドルまで減少した。CompaniesMarketCapのデータによると、これは世界のトップ資産ランキングにおいて、ビットコインをフェイスブックの親会社であるメタの後塵を拝している。

コンピュータ科学者のエドワード・スノーデン氏は、ビットコインの価格がこの1週間比較的安定していたことを指摘し、最近の下落に対する業界の反応に冷笑した。

スノーデン氏は、「暗号資産関係者が価格について騒いでいるのを見かけるが、ビットコインのチャートを開いてみると、価格は7日前と同じである」と投稿した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー