詳細を見る

デロイトトーマツ、Astar zkEVMを活用し野球ゲームを開発|スポーツ庁推進事業

4 mins
更新 Shota Oba

デロイトトーマツ・コンサルティングは9日、NFT開発ツールとして日本発のパブリックブロックチェーンアスターネットワークASTRが提供するイーサリアムETHレイヤー2スケーリングソリューション「Astar zkEVM Powered by Polygon」を活用し、野球テーマのゲームアプリのプロトタイプを発表した

プロジェクトは、Astar zkEVMを利用し、企業や団体がNFTを用いたサービスを展開支援の一環である。同取り組みは、企業や団体のAstar zkEVMを使ったNFTを活用したサービス構築を支援した初の事例であり、Astar zkEVM上における野球関連ゲームの構築としても初となる。

開発するゲームアプリは、デジタルを活用した野球の打撃練習システムについて、練習の成績に応じてNFTの「エンブレム」が付与され、アバターの成長をゲーム感覚で楽しめる仕組みだ。今後は開発を通してはエンブレムを交換し合ったり、育てたアバターでチームを作って野球の試合に見立てた対戦ゲームを行うなど、競い合って練習のモチベーションを向上させるゲーム機能を盛り込む。

同プロジェクトはまた、スポーツ庁が推進する「スポーツ×テクノロジー活用推進事業」の一環として実施された。スポーツ×テクノロジー活用推進事業は、テクノロジーを駆使してスポーツデータを活用し、スポーツの魅力をより多くの人に伝えることを目的としている。デロイトトーマツは、中学生向けの野球アカデミー生徒を対象に、1月から2月にかけて同ゲームアプリを用いた実証実験を行っている。

23年6月にはPolygon上で提供を開始したクリエイター支援プラットフォーム「LIFE LOG BOX」に導入するなど、様々なブロックチェーン上の効率的なサービス開発をサポートしてきた。。

日本での動きを強めるAstarNetwork

Astar Networkは2月下旬、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションである「Astar zkEVM Powered by Polygon」メインネットのリリースする。Astar zkEVMは、日本企業やブランド、アニメなどの国内IPがWeb3市場へ進出する支援を目的としている。

日本航空と博報堂は5日、Astar zkEVMを活用し「KOKYO NFT」実証実験第2弾を開始した。アスターネットワーク関連会社のスターテイル・ラボは7日、秋元康氏を総合プロデューサーに迎えるアイドルプロジェクトとWeb3領域での戦略的パートナーシップ契約を締結した。提携は、”アイドル経済圏”の確立とグローバル展開をトークンを通じての支援が目的。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー