詳細を見る

DePin最新情報:NuklaiがFilecoinと提携、Bittensorがハッキングを説明、Silencioが500万チェックイン

8 mins

ヘッドライン

  • NuklaiとFilecoinが手を組み、グローバルなデータストレージを分散化し、詳細なメタデータでAIを強化する。
  • Bittensorは、セキュリティの改善と分散化の議論に焦点を当て、ハッキング後の回復ステップを概説している。
  • Silencioは5Mチェックインを記念し、PEAQブロックチェーン経由でノイズデータを共有するユーザーに報酬を与える。
  • promo

分散型物理インフラネットワーク(DePin)は、現実世界のインフラにおける分散型プロジェクトを可能にすることで、技術に変革をもたらそうとしている。

DePinセクターで最近起こったことを紹介しよう:NuklaiはFilecoinと協力してグローバルデータをアーカイブし、Opentensor Foundationはハック後の計画を共有し、Silencioは500万チェックインを祝った。

ヌクライがファイルコインと協力

データエコシステムのための協調インフラプロバイダーであるNuklaiは、世界のデータをアーカイブし、詳細なデータ理解でAIを改善するためにFilecoinFoundationと提携した。このパートナーシップの最初のステップは、より良いデータストレージのためのLighthouse Storageのソリューションを使用してFilecoinの分散型ネットワークと接続することです。

実際のデータであれ、データに関する情報であれ、Nuklaiの目標はそれを効率的に保存することだ。このプロジェクトは、Filecoinのネットワークを利用して、透明性のある分散型の方法でこれを行うことを目指している。

アクセス可能で追跡可能なストレージとアーカイブ・ソリューションを通じて、Nuklaiを世界のオントロジー構築に一歩近づけるよう、Filecoin Foundationと協力できることを嬉しく思います」とNuklaiのプロダクト・リードであるDaniel van der Woude氏は語った。

続きを読む分散型ストレージ・プロトコルの経済学

データは通常、AWS、Google Cloud、Alibaba Cloudのような大手クラウドプロバイダーに保存されている。データへのアクセスを容易にするため、Nuklaiはシンプルな方法を採用している。データの詳細をメタデータで説明し、分散化することで、データの出所や内容を理解できるようにするのだ。これにより、データの明確なイメージを作ることができる。

また、データを標準化し、より効率的で互換性のあるものにすることで、イノベーションを加速させ、AIモデルの訓練にも役立つ。データが明確で標準化されると、NuklaiはFilecoinのネットワークを使ってデータを保存し、アクセス可能にする。

Bittensorが最近のハッキングについて説明

7月2日、セキュリティエクスプロイトにより、Bittensorのユーザーは秘密鍵の流出により約800万ドル相当の32,000 TAOトークンを失った。この事件により、TAOの価格は15%下落し、6ヶ月ぶりの安値となった。

この攻撃は、PyPiパッケージ・マネージャのバージョン6.12.2に含まれる偽のパッケージによって引き起こされ、ユーザーのセキュリティを侵害した。このパッケージは本物のBittensorパッケージのふりをしていたが、暗号化されていないコールドキーの詳細を盗み出すコードを持っていた。ユーザがこのパッケージをダウンロードし、コールドキーを復号化すると、その情報がリモートサーバに送信されました。このサーバーは攻撃者によってコントロールされていた。

攻撃の深刻さにもかかわらず、RoundTable 21のような一部のバリデーターは、代表者の資金が安全であることを確認した。しかし、チェーンを停止したことで、Bittensorの分散化についてコミュニティ内で議論が巻き起こった。批評家は、チェーンの停止は分散型AIネットワークの原則に反すると言うが、支持者はユーザーの資産を保護するために必要だったと考えている。

続きを読む暗号資産プロジェクトのセキュリティ:早期脅威検知ガイド

Bittensorの価格
Bittensor(TAO)の価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

Opentensor Foundationは、Bittensorブロックチェーンを安全かつ責任を持って徐々に再開し、コミュニティへの定期的なアップデートを予定しています。今後、Bittensorはパッケージの検証を強化し、セキュリティ監査を強化し、パブリックセキュリティのベストプラクティスを採用し、パッケージのアップロードとダウンロードの監視を改善する予定です。

Silencio、500万チェックイン達成

Silencioは分散型アプリで、ユーザーは地域の騒音データを共有することで、携帯電話からお金を稼ぐことができ、騒音公害との闘いを支援します。このアプリはコミュニティーのネットワークに依存し、データの正確性を保証するPEAQブロックチェーン上に構築されている。

Silencioアプリでは、ユーザーは測定ボタンをタップし、携帯電話のマイクで騒音の録音を開始する。また、カフェやオフィスなどの場所にチェックインすることで報酬を得ることができる。これらのチェックインは、様々な地域の騒音レベルに関する情報収集に役立つ。

今日、このアプリのチームは、チェックインが500万回に達したと発表した。

「チェックイン機能を導入してから約7ヶ月が経ちました!そして、サイレンシアンたちはこの機能が大好きです!ちょうど今週末、500万チェックインを突破しました!1日あたり約23kのチェックインが行われたことになります。

続きを読むDePIN(分散型物理インフラネットワーク)とは?

これらの動きは、DePINの将来が有望であることを示しており、より多くの著名なプレーヤーがこの分野に参入し、新しいソリューションが登場している。DePINはまだ初期段階にあり、いくつかの欠点もあるが、合成資産と現実世界の資産の間でトークンを交換することができる。これは、従来のモデルが経済的に実現不可能な地域でラストワンマイルのカバレッジを提供することで、従来のインフラをサポートする。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

b89964d5d1b8350ba844c260d4714556.jpg
Daria Krasnova
ダリア・クラスノヴァは、伝統的な金融と暗号資産の両業界で8年以上の経験を持つ熟練エディター。分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールド資産(RWA)など、さまざまなトピックを担当。BeInCrypto入社以前は、モスクワ証券取引所、ETFプロバイダーのFinEx、ライファイゼン銀行など、著名な伝統的金融企業でライター兼編集者を務めた。ビジネスや投資のトレンド、包括的な調査レポートの作成などを担当。 ダリアは、Blockchain Life、Binance Blockchain Week、Blockchain Economy、Devconnectなどの主要な暗号資産イベントで講演や司会を行ってきた。また、業界のリーダーたちにインタビューを行い、その洞察を執筆を通じて共有している。モスクワ国立大学ジャーナリズム学部卒業。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー