詳細を見る

DePinプロジェクトAethirが16の暗号資産取引所に上場

4 mins

ヘッドライン

  • AethirのATHトークンは、BinanceとCoinbaseを除く16の中央管理型暗号資産取引所でデビューする。
  • アナリストの予測では、Aethirの完全希薄化後の評価額はアカシ・ネットワークと同様に30億ドルに達する可能性がある。
  • AethirのGPUアグリゲーションがクラウド・コンピューティングの効率を高め、20万人のユーザーと1億5000万ドルを調達。
  • promo

分散型物理インフラネットワーク(DePin)のAethirは12日、ATHトークンを16以上の暗号資産取引所に上場した。

これにはOKX、Gate.io、Bitfinexのような大手が含まれる。しかし、Binance、Coinbase、Krakenなどの一流取引所はまだATHトークンを上場していない。

暗号資産アナリストはATHトークンの完全希薄化評価額を30億ドルと予測

Aethirは分散型テクノロジーを活用し、クラウドコンピューティングの効率を高めます。ATHトークンは、ガス料金の交換媒体として機能し、ガバナンスを提供し、ステーキングをサポートし、周囲のエコシステムを維持するなど、エコシステム内で複数の役割を果たしている。

暗号資産アナリストのHitesh Malviya氏は、トークンの完全希薄化評価額(FDV)について、Akash NetworkのAKTトークンと比較しながらインサイトを提供した。

「AKTはATHと比較するのに最適なコインであり、プロジェクト的にはAethirは初日からすでに多くの資本とGPUリソースを持っています。アカシは現在10億ドルFDVで取引されているので、上場はかなり高く、少なくても30億ドルFDV程度になるのではないかと思います。その場合、ATHあたり0.07ドル程度になります」とマルヴィヤ氏は語った

楽観的な見方にもかかわらず、エアドロップの勝者は利益を実現するためにトークンを売却する可能性があるため、市場は変動を見るかもしれない。この状況は、最近Binanceに上場したio.netのIOトークンが5.88ドルまで急騰したが、その後30%以上下落し、現在は4ドル前後で取引されているのと似ている。

さらに、Aethirのアプローチは、様々なソースから未使用の新しいグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)を集約する。これには、企業、データセンター、暗号資産マイニング事業、個人消費者などが含まれる。これらのGPUクラスターを統合ネットワークにシームレスに統合することで、Aethirはクラスターのサイズを拡大し、信頼性と回復力を高める。

暗号資産投資家のMario Nawfal氏によると、現在、このプラットフォームは20万人以上のユーザーと20カ所以上のノードロケーションを世界中に誇っている。これらのノードは、ネットワークのインフラを維持するために重要である。

Malviya氏はまた、Aethirの財務実績を強調し、プロジェクトがノード販売から1億5,000万ドル以上と4万2,000ETHを調達したことを指摘した。この資金的な裏付けにより、AethirはGPUの供給を増やし、持続的な成長を支えるために不可欠な大きな戦力を手に入れた。

関連記事:2024年注目のDePIN(分散型物理インフラネットワーク)とは?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー