詳細を見る

【独占記事】 ドージコインのコミュニティーの強さの背景とは:Own the Doge インタビュー

12 mins

ヘッドライン

  • ドージコインコミュニティ「Own The Doge」と千葉県佐倉市は2日、ドージコイン(DOGE)のモデルとなった柴犬「かぼす」の18才の誕生日の祝賀会「Doge day」を開催した
  • BeinCryptoJapan(BICJ)はOwn The DogeのSmoke氏にインタビューを行った
  • 同イベントに出席した佐藤さんは、BICJに対し、「小さな家族の存在であったかぼすが世界中の人々に知られて嬉しく思います。かぼすのおかげで喜ぶ人々がいることが1番の喜び」と語った
  • promo

ドージコインコミュニティ「Own The Doge」と千葉県佐倉市は2日、ドージコインDOGEのモデルとなった柴犬「かぼす」の18才の誕生日の祝賀会「Doge day」を開催した。同イベントでは、かぼすと飼い主の佐藤敦子さん、佐藤さんの愛猫3匹のモニュメントが佐倉ふるさと広場に設置され、国内外からWeb3関係者や愛犬家らが訪れた。BeinCryptoJapan(BICJ)は同日、イベントの背景やOwn The DogeのSmoke氏にインタビューを行った。

Q . Own The Dogeが敦子さんと出会った経緯について教えてください

敦子佐藤さんはかぼすの写真8枚をオンラインに公開し、ZORAでNFTとしてミントし、オークションに出品しました。最も知名度の高いドージミームのNFTに入札し、勝ち取りました。当時、我々は同NFTに400万ドル以上を支払いました。これは、私たちのプロジェクトであるPleaserDaoによるものでした。 そして、PleaserDaoがOwn the Dogeを立ち上げました。彼女は我々のNFT購入によって得た400万ドルの大部分を寄付しました。

Own The Dogeを構築したPleasrDAO(分散型自律組織)は、高価なNFTを購入し、コミュニティを構築しているNFT保有者の集まり。DOGEを「Do Only Good Everyday(毎日素晴らしい行いのみをしよう)」とみなし活動する

Own the Doge DAO内では素晴らしいアイデアに資金を提供しています。我々が持っていたアイディアの1つは、かぼすの銅像を作ることでした。そしてOwn the Doge DAOを通じて提出された別のアイデアは、毎年国際ドージデイを祝うことでした。DAOもこの祝日に資金を提供しました。ドージデーはNational Day Calendarに登録され、毎年11月2日、かぼすの誕生日に世界中で祝われることになります。毎年日本に戻って巡礼を行う予定です。そして、毎年より多くの人が我々と一緒に来ることを期待しています。

Q .これらの一連のイベントはドージコイン関係者と関連していますか?

はい、ドージコイン財団はOwn the Dogeと協力してかぼすの銅像の資金調達を行いました。その文脈で、彼らは我々のコミュニティの一部であり、このプロジェクトの一部でした。ドージデイ自体、祝日は直接Own the Doge DAOによって委託されました。一方で、Own the Doge DAOを通じて提案され、実行されたので、他のドージコイン関係のプロジェクトは関係していません。

Q .敦子さんはとはどのように絆を築きプロジェクトを進めていったのでしょうか?

我々のチームには翻訳者がおり、我々の仕事をサポートしてもらっています。さまざまなプロジェクトでは、翻訳者の助けを借りながら進めています。チームの一部は敦子さんとのコミュニケーションのために日本語を学んでいるものもいますが基本的には彼女との会話にも翻訳を活用しています。Own the Dogeでは現在かぼすの特集長編ドキュメンタリーの作成に取り組んでいます。プロジェクトには、過去にNetflixで作品を手掛けたハリウッドのプロデューサーが参加しています。これらにも翻訳者とともに進めています。同ドキュメンタリーの具体的な公開日は未定だ。

Q .ドージデイを通じてドージコインを普及させたいのでしょうか?それとも、佐藤さんご家族や動物保護などに貢献したいのでしょうか?

我々はドージコミュニティの構築を目指しており、コミュニティではドージコイン愛好者や愛犬家を含む多様な人々を歓迎しています。ドージは単なる像や祝日以上のものであり、愛の普遍的な象徴です。そのため、世界中の人々にドージを祝ってもらいたいと考えています。我々は暗号技術やブロックチェーン技術を信じており、中央集権化された力による創造性の抑制は望んでいません。「日々良い行い(DOGE)」をし、人々に我々の運動に参加してもらうことで喜びを広める。これをを望んでいます。これがOwn the Dogeからのメッセージであり、それが重要です。

Q .ミームコインとしてユーテリティーはないとされていますが、そのパワーを強く信じるコミュニティがたくさんあります。どのように日本でドージコインを普及させたいでしょうか?

日本には暗号通貨取引所が多く存在し、ドージコインはミームコインでありながら人気であるとの印象を持っていますし、ドージコインが将来重要な暗号通貨となる可能性があると考えています。ドージコインはブロックチェーン技術も含むため、今後強力なプロジェクトになると思います。イーロン・マスクのような影響力ある人物が関心を示すことで、ドージコインはポジティブな影響をもたらしています。現在多くの人が価格のみに注目していますが、我々はそのようなことではなく人々が幸せで創造的で革新的な生活を送ることを望んでいます。同じようなプロジェクトに固執することなく、社会全体として創造性を持って進歩することが重要です。

Q .ドージコインが今後どのように技術・文化的に発展するとみていますか?

ドージコインは、その起源が冗談から始まったにもかかわらず、ビットコインに似た多くの特徴を持ち、他の暗号通貨にはない独自のユーモアと魂を持っていると我々は考えています。現在、ドージコインは技術的な進化を試みており、これにより将来的にはさらに多くの用途が見込まれます。低いトランザクション手数料と強力なコミュニティサポートが特徴です。

特に、Own the Dogeを含む世界中のドージコミュニティや、ドージにインスパイアされたNFTプロジェクトなど、関連する多くのイニシアティブがドージコインの普及に貢献しています。これらの要素は、ドージコインが単なる通貨以上のもの、つまり広く受け入れられている文化の一部となっていることを示しています。イーロン・マスクなどの有名人が示す関心も、この文化的側面を強化しています。我々は、ドージコインがこれからも成長し、暗号通貨界において重要な役割を果たすと確信しています。

同イベントに出席した佐藤さんは、BICJに対し、「小さな家族の存在であったかぼすが世界中の人々に知られて嬉しく思います。かぼすのおかげで喜ぶ人々がいることが1番の喜び」と語った。

ドージコイン(DOGE)とは?

ドージコインは、13年にインターネット上の掲示板Redditで誕生し、かぼすのミーム画像にインスパイアされた暗号通貨。起業家のイーロン・マスク氏が好んでいることでも知られる。ウォール・ストリート・ジャーナルの8月の報道によれば、マスク氏はドージコインの開発に資金提供しており、XではDOGEを用いた支払い機能も考慮している。同氏の提案により、4月にはツイッターのロゴが「青い鳥」から柴犬コインのロゴに変更。DOGEは一時35%近くの上昇を見せていた。

月面探査車などの開発を行うAstroboticは12月23日、同日打ち上げ予定のロケットで実物(記念品)のドージコインを月に送る計画だ。起業家のイーロン・マスク氏率いるSpaceXも22年、同様の計画を発表。DOGEトークンで資金が提供された。ジオメトリック・エナジー・コープが委託し、DOGEで支払われた史上初の商業月面貨物とされたが、同計画は24年1月に延期されている。

現在のDOGE価格は0.0775ドルで前日比2.08%増で取引されている。ドージコイン18日に0.086ドルをつけた後、DOGE価格は下落してきた。当社オン・チェーンアナリスト、イブラハム・アジバデ氏は23日時点で、Into the blockのデータで確認されたドージコインマイナーの20から22日間での合計4億DOGEの保有数の増加などから、上昇の可能性を示唆している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー