詳細を見る

トランプ前米大統領のミームコインが50万倍に急騰=ビットコイン2024会議参加へ

4 mins

ヘッドライン

  • ドナルド・トランプがナッシュビルで開催されるBitcoin 2024で講演することが決定し、暗号資産市場の興奮に火をつけた。
  • トランプをテーマにしたミームコインであるトランプコイン(DJT)は、このニュースを受けて50万倍に急騰した。
  • 前大統領の暗号資産に対する姿勢は、コミュニティ内で熱狂と議論の両方を生み出している。
  • promo

The Bitcoin Conferenceの主催者は11日、ドナルド・トランプ前米大統領がこのイベントのスピーカーの1人になると発表した。

7月25日から27日までテネシー州ナッシュビルで開催されるこのイベントは、ビットコイン愛好家や業界リーダーが世界的に集まる最大級のイベントである。この発表は、暗号資産コミュニティの間で著しい熱狂を巻き起こしている。

トランプ氏の暗号資産キャンペーンが政治的ライバルの中で勢いを増す

イベント主催者によると、共和党の大統領候補と目されるトランプ氏は、7月27日に聴衆を前に演説を行う。トランプ氏に加え、大統領候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏、元大統領候補のビベック・ラマスワミ氏など、他の米国政治家もこのイベントで見識を披露する予定だ。

このニュースはトランプ関連のミームコインに大きな影響を与え、新たに鋳造されたTrumpCoin(DJT)は3時間足らずで約5,000万%急騰し、時価総額を1億4,310万ドルに押し上げた。同様に、別のミームコインであるSatoshi Trump (MBGA)は7,900%以上の劇的な上昇を見せ、時価総額は280万ドルに達した。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

DJTの価格パフォーマンス
DJTの価格パフォーマンス。ソースDEXスクリーナー

トランプ氏がビットコインコミュニティへの関与を強めていることは注目に値する。先月、同氏は著名なビットコインマイナーと会談した。会談後、同氏は自身のプラットフォーム「Truth Social」で米国でのビットコインマイニングの重要性を強調した。

「残りのビットコインはすべて米国で作ってほしい。それがエネルギー支配の助けになる」とトランプは説明した

しかし、トランプ氏の立場は業界内で議論を巻き起こしている。業界関係者の中には、ビットコインの採掘を米国内に集中させることは、その非中央集権的な性質を損ないかねないと主張する者もいる。また、管轄リスクや潜在的な攻撃に対するビットコインの脆弱性を高める可能性もある。

トランプ氏は他の政治活動でも暗号資産を受け入れている。BeInCryptoによると、同氏は5月、暗号通貨による政治献金の受け入れを開始した。トランプ氏の取り組みは、Geminiの創設者であるキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏を含む暗号資産業界の著名人から支持を得ている。

英語で読む最新記事:2024年の投票にブロックチェーンはどう使われるか?

前大統領の暗号資産に優しい姿勢は、支持者の共感を呼んでいるようだ。予測市場Polymarketの予測によると、トランプ氏が11月の大統領選挙で勝利する確率は62%。この数字は、12%の可能性しかないバイデンと対照的だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー