詳細を見る

トランプ氏、暗号資産を支持 ‐ 残りのビットコインを米国製にしたい

5 mins

ヘッドライン

  • ドナルド・トランプ氏は、米国を拠点とするビットコインのマイニングを支持し、エネルギー支配とハイテク分野の成長への道と見ている。
  • トランプが暗号資産業界のリーダーたちと関わったことは、ハイテクに詳しい有権者を引きつける彼の政治戦略を浮き彫りにしている。
  • バイデン政権は暗号資産マイニングの電力使用に対して30%の課税を提案したが、トランプ大統領は業界支援を提唱している。
  • promo

ドナルド・トランプ米前大統領が11日、暗号資産マイナーへの支持を公に表明した。11日にマー・ア・ラーゴで行われた、暗号マイニング・セクターの主要人物を招いた会合で伝えられた。

トランプ前大統領の暗号資産支持の姿勢は、ハイテクに精通した有権者やデジタル資産セクターの主要関係者の支持を集める可能性がある。

ドナルド・トランプ氏、CleanSparkおよびRiot Platforms幹部と会談

CleanSpark Inc.のエグゼクティブ・チェアマンであるマシュー・シュルツ氏は、トランプ氏が暗号資産への理解と評価を表明したイベントからのインサイトを共有した。Riot Platformsのジェイソン・レスCEOと公共政策責任者のブライアン・モーゲンスターン氏もトランプ氏と会談した。

「トランプ大統領は、ビットコインを所有する権利、ビットコインをマイニングする権利、ビットコインで取引する権利、そして私たちの多くにとって、ビットコイン業界で働く権利を守ってくれるだろう」とモーゲンスターン氏は語った

関連記事:暗号資産マイニングは稼げるのか

ドナルド・トランプとマシュー・シュルツ、ジェイソン・レス
ドナルド・トランプ氏、マシュー・シュルツ氏、ジェイソン・レス氏|X(ツイッター)

トランプ氏は、エネルギーグリッドを安定させるビットコインマイニングの役割を強調し、このセクターへの支持を確認した。エネルギーの優位性を強調したトランプ氏は、同氏がホワイトハウスに戻ることになれば、特にこれらの技術を支持すると約束した。

「残りのビットコインはすべてアメリカ製にしたい。それがエネルギー支配の助けになる」とトランプ氏は語った

こうした動きは、暗号資産が環境に与える影響や、地域の電力網に与える負担について厳しい監視の目を向けられている中で起きている。トランプ大統領の支持は、世論や政治的認識に大きな影響を与え、業界を取り巻く幅広いシナリオを揺るがす可能性がある。

米エネルギー情報局(EIA)は2月、暗号資産採掘業者が使用する電力量のデータ収集を開始した。しかし、この取り組みは強い抵抗に遭い、データ収集を一時的に停止する判決に至った。

さらに、バイデン政権は環境の持続可能性を理由に、デジタル資産の規制に向けて断固たる措置をとっている。財務省の注目すべき施策は、2025会計年度歳入案に盛り込まれた、2025年までに暗号資産マイニング企業が使用する電力に30%の課税を行うというものだ。

これとは対照的に、トランプは自身の政治的復活を後押しするため、暗号資産コミュニティと積極的に関与している。同氏は先日のリバタリアン党大会で、ロス・ウルブリヒトの刑を減刑することを誓い、自身の選挙キャンペーンで暗号資産からの寄付を受け入れることを発表した。ウィンクルボス家の双子のような有力者を集め、ジョー・バイデンとの選挙戦を支援するために1200万ドルを集めた資金調達パーティーでは、彼の関与がさらに強調された。

関連記事:暗号資産規制:メリットとデメリットは?

トランプ氏が暗号資産に再び注目したのは、新しい有権者を引きつけるための戦略的な動きであり、デジタル資産を自身のプラットフォームの重要な構成要素として位置づけているように見える。この姿勢は、厳しい規制に大きく傾く現政権のアプローチとは対照的だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー