詳細を見る

ビットコイン・マイナーのビットファームズ、「毒薬」戦略でライオット・プラットフォームの買収に対抗

5 mins

ヘッドライン

  • ビットファームズ、ライオット・プラットフォームズによる買収工作の中、ポイズン・ピル戦略を実施。
  • ライツプランは、企業が株式取得制限に違反した場合に株主を保護するものである。
  • この計画は株主とトロント証券取引所の承認を必要とする。
  • promo

ビットコインマイニング企業であるBitfarmsは11日、別のビットコインマイナーであるRiot Platformsからの未承諾の買収提案の中で、株主の利益を守るために株主権利プランを実施した。

この動きは、Riot PlatformsがBitfarmsの株式を増加させ、発行済株式すべてを取得することを提案したことを受けている。

敵対的買収の試みに対するビットファームの戦略的防衛策

ポイズン・ピル(毒薬)」として知られるビットファームの戦略は、敵対的買収を防ぐことを目的としており、買収者にとってそのような取引は法外に高くつく。この戦略により、ビットファームは、事業統合、戦略的取引、売却の可能性などの選択肢を模索しながら、戦略的検討プロセスを中断することなく継続することができる

関連記事:暗号通貨マイニングにオススメのハードウェア7選

「2024年4月22日に受領した提案と、その後の市場購入による持分の増加を含むライオットの行動は、独立取締役特別委員会によってビットファームズを過小評価していると判断されました。同委員会は、ライオット社による継続的な株式取得は、戦略検討プロセスの整合性を乱し、株主価値の最大化を阻害する可能性があると考えています」と同社は述べている。

2024年6月20日より、ライツプランは全ての新規普通株式を対象とし、2024年9月10日までにビットファームズ社の株式の15%以上を取得した場合、またはこの日以降、プランに従わずに20%以上を取得した場合に発動される。このライツプランにより、ライオットはカナダ証券法に準拠した買収提案を行うことができます。また、買収者が指定された閾値に違反した場合、割引価格で株式を追加購入することができ、既存株主を保護する。

このプランの実行は、ビットファームの株主とトロント証券取引所の両方からの承認による。現在、知られている買収の試みはライオットの入札だけである。

BeInCryptoは以前、ライオット・プラットフォームズが5月、ビットファーム買収のために9億5000万ドルの未承諾オファーを出したと報じた。Riotは4月に現金と株式で1株当たり2.30ドルを提示したが、これは提示前のBitfarmsの取引価格を約20%上回るものだった。6月5日現在、ライオットは47,830,440株、ビットファームの発行済み株式の約11.62%を保有している。

関連記事:流動性マイニングの仕組みと注意点を解説

ビットファームズ (BITF) の株価パフォーマンス。
BITFの価格パフォーマンス|グーグルファイナンス

ライツプランの発表後、ナスダックにおけるビットファームの株価(BITF)は過去24時間で4.17%下落し、一方ライオットプラットフォームズ(RIOT)価格は1.8%上昇した。しかし過去30日間では、ビットファームの株価が44.65%上昇したのに対し、ライオットは4.16%上昇した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー