詳細を見る

流動性マイニングの仕組みと注意点を解説

11 mins

ヘッドライン

  • 流動性マイニングとは、暗号通貨をDEX(分散型取引所)に預けて、取引に必要な流動性を提供することで、報酬を得る方法のこと
  • 流動性が高いほど取引が容易になり、流動性を提供した対価として「流動性提供者」に報酬が支払われる
  • 流動性マイニングができる取引所は、DEX(分散型取引所)とCEX(中央集権型取引所)の両方にある

暗号通貨を保有しているだけでなく、運用を行い高いリターンを狙う「流動性マイニング」が収益化の新しい手段として注目されています。流動性マイニングとは、暗号通貨をDEX(分散型取引所)に預けて、取引に必要な流動性を提供することで、報酬を得る方法のことです。

本記事では、流動性マイニングの仕組みや注意点について解説しています。流動性マイニングに興味がある人、これから運用を始めていきたい人は、ぜひ最後までご覧下さい。

流動性マイニングとは?

流動性マイニングとは、暗号通貨をDEX(分散型取引所)に預けて、取引に必要な流動性を提供することで、報酬を得る方法のことです。

ユーザーが取引所内での流動性を提供することで、取引所はその流動性を利用して取引を行い、手数料を得ます。その手数料の一部が、流動性を提供したユーザーに報酬として支払われます。

報酬は、主に取引手数料やガバナンストークンとなっており、取引手数料は、流動性プールを使用して取引が行われるたびに発生します。ガバナンストークンとは、プロジェクトの運営に関する投票や提案に参加できるトークンです。

流動性マイニングの仕組み

流動性マイニングの仕組みについて解説します。「流動性」とは、市場で取引がスムーズに行われるために必要な資金や資産のことで、流動性が高いほど取引が容易になり、流動性を提供した対価として「流動性提供者」に報酬が支払われます。

  1. 流動性提供者は、DeFiプロトコルに暗号通貨を預け入れる
  2. プロトコルは、預け入れられた暗号資産を流動性プールにプールする
  3. ユーザーは、流動性プールから暗号資産を借り入れて取引を行う
  4. ユーザーは、取引手数料を支払う
  5. 流動性プロトコルは、取引手数料の一部を流動性提供者に報酬として支払う

流動性マイニングの報酬は、主に以下の2つです。

  • 取引手数料
  • ガバナンストークン

取引手数料は、ユーザーがプロトコルを利用した際に支払う手数料、ガバナンストークンは、プロトコルの意思決定権を持つトークンとなっています。

流動性マイニングを始める際の注意点

流動性マイニングを始める際の注意点について解説します。

  • インパーマネントロス
  • プロトコルシステムの脆弱性

流動性マイニングの注意点①:インパーマネントロス

インパーマネントロスとは、流動性プールに預け入れられた暗号通貨の価格変動によって生じる損失です。流動性プールに預け入れられた暗号通貨の比率が、預け入れ時点と大きく異なる場合に発生します。

インパーマネントロスは、流動性マイニングの報酬を相殺するだけでなく、損失を被る可能性もあるため、リスクを理解した上で、流動性マイニングを行うようにしましょう。

流動性マイニングの注意点②:プロトコルシステムの脆弱性

DeFiプロトコルはスマートコントラクトに依存しているため、コードにバグや脆弱性があると大きなリスクになります。

もし、DeFiプロトコルのシステムに脆弱性が発見され、悪用された場合、流動性提供者は損失を被る可能性があるため、安全性を十分に確認した上で、流動性マイニングを行うようにしましょう。

流動性マイニングができる取引所

流動性マイニングができる取引所は、DEX(分散型取引所)とCEX(中央集権型取引所)の両方にあります。DEXでは、UniswapやPancakeSwapなどの有名なプラットフォームが流動性マイニングを提供しており、CEXでは、BybitやBinanceなどの大手取引所が流動性マイニングを提供しています。

  • Uniswap(ユニスワップ):Uniswapは、最も人気のあるDEXの1つです。Uniswapでは、ERC20トークンのペアで流動性マイニングに参加することができます。流動性マイニングの報酬は、取引手数料です。
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ):PancakeSwapは、Binance Smart Chain(BSC)上で動作するDEXです。PancakeSwapでは、BSC上で発行されたトークンのペアで流動性マイニングに参加することができ、報酬は、取引手数料とCAKEトークンです。
  • Bybit(バイビット):Bybit(バイビット)は、2018年にシンガポールで設立された取引所で、流動性マイニングのプログラムも提供しています。流動性マイニングに参加することで、報酬を得ることができます。
  • Binance(バイナンス):Binanceは、2017年に設立され、現在世界最大の暗号通貨取引所の1つです。Binanceは独自のトークン、BNBも発行しており、これを使用することで取引手数料が割引されるなどの特典があります。

流動性マイニングに関するよくある質問

Q1:流動性マイニングは、どのくらいの収益を得ることができますか?

Q2:流動性マイニングに参加する際、どのような手数料がかかりますか?

Q3:ンパーマネントロスの価格変動リスクをどのように軽減できますか?

まとめ:流動性マイニングの仕組みやリスクを理解した上で、運用しよう

本記事では、流動性マイニングについて、その仕組みや注意点について解説しました。流動性マイニングとは、暗号通貨をDEX(分散型取引所)に預けて、取引に必要な流動性を提供することで、報酬として独自トークンや利息を得る方法のことです。

流動性マイニングには、大きなリターンが期待できるメリットがありますが、その一方リスクもあります。インパーマネントロスなどによる価格変動のリスクもあるため、実際に運用する場合は、リスクをしっかりと理解し、運用するようにしましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー